--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーザンダンサーの18.75% 馬選び2016(春)

2016年07月23日 16:46

だいぶ遅くなってしまいましたが・・・
15産社台サンデーの愛馬が決まりました。

まずは馬選びの過程から。

1.今年はとびきり贅沢したい
前年度は年間を通して過労死認定近い残業を強いられました。命を削った代価(時間外手当)100万強、これに例年の予算100万を加えて200万。前年度のイライラに対する報酬として、全て使い切るつもりでいます。

2.どうせならディープ牡馬で
贅沢するならディープ牡馬。残業中は「・・・ディープ牡馬・・・ディープ牡馬」と呪文を唱えながらモチベーションを維持してきました。とはいっても、罰点の高額馬には手が届かず。安めのディープ牡馬から選ぶことになりました。

3.血統にこだわりのある馬に
ディープといえば「母父ストームキャット」「リファールクロス」あたりが有名。しかし母父ストームのハートシェイプトは牝馬、リファールクロスのアゼリは高過ぎ、ドナブリーニは要超実績で最初から外れてしまいます。

4.もうひとつのこだわり要素「奇跡の血量」
ディープ産駒に好相性という訳ではないのですが、ずっと前から一度は持ってみたいと思っていたのが、ノーザンダンサーの奇跡の血量を持つ馬。エルコンの頃に流行ったもので若干時代遅れの感もありますが、ホームラン狙いの大振りには相応しいのかなと判断しました。07産の出資候補リンドブルム以降、狙い続けながら一度も出資できていませんでした。滅多に持てない40口のディープ牡馬というのなら、このくらいのこだわりは満たしておきたいところです。

5.当歳時から狙っていた馬
ノーザンダンサーの5×3×5を持つメイキアシーの15、この仔は前年度からノーザンダンサーの18.75%持ちということで、産駒連名簿が届いた時から募集されたら狙ってみようと思っていました。今年の募集馬にはND18.75%は他にも数頭いましたが、ディープ牡馬ではこの仔だけ。父母父父父に持っているだけのディープ産駒だと、母が強めのクロス持ちでないと難しいですね。


以上のことから、メイキアシーの15を中心に馬選びを進めることに。

6.関東馬だと応援に行きやすい
関東です。いつでも応援に駆けつけられます(府中まで片道5時間)。
ローズバドも珍しく関東で募集されていたのですが、今年はディープと決めていたので泣く泣く除外。

7.兄弟や近親は
持ち込みの半兄ブラヴィッシモは4勝してオープン入り。Fastnet Rockでこれだけ走ればディープなら・・・と期待してしまいます。ただ、ディープ×サドラーというのは苦戦していて、活躍馬はタッチングスピーチのみ。2勝馬も他にヤマニンバステトのみです。今後はリッスン以外からの活躍馬が出てきてほしいです。叔父のPour Moiが英ダービー勝ち、叔母のGagnoaが仏オークス2着という近親は文句なしです。

7.厩舎について
個人的には関東で一番の厩舎だと思う堀厩舎。身の丈に合わない高額馬を預けるにあたって、これ以上のない厩舎に託すことができて光栄です。出資の大きな後押しになりました。

8.最近勢いのない縦縞だけど大丈夫?
確かに心配。ただし心強いデータもあります。縦縞牡馬の堀厩舎というのは過去に8頭いて、勝ち上がり7頭、2勝以上5頭、重賞勝ち3頭と相性は良好といえます。

9.馬体が小さいようだけど?
3月2日生まれで362キロはたしかに小さいです。体高も低く、トモ高のようにも見えないので、これから急激に大きくなるような期待も持てなさそう。しかし小さなディープ産駒といえば、過去にローズノーブルが活躍してくれたことがありますので、自分の中ではあまり心配していない要素でもあります。自分だけは大丈夫!って思い込むやつですね。


というように色々考えた結果、以下のように申し込みました。

第一 ドナブリーニ
第二 メイキアシー
第三 ザレマ


10.これだけ検討しておいて、第一がドナブリーニってどういうこと?
そりゃアレです。七冠馬の全妹がラッキーナンバーで取れるというなら、他の馬は諦めもつきますがな。メイキアシーは第一では埋まらなそうでしたから、どうせなら第一は運試しということです。第三は母が好きだったので。

で、結果な言わずもがな・・・

第一 ドナブリーニ ×
第二 メイキアシー 
第三 ザレマ
 
実績335万 末尾1

入会7年、そろそろラッキーナンバーが出るかもと思っていたのですが、なかなか出ませんね。
とはいえ本命は取れましたし、満足のいく馬選びとなりました。
8世代目にして初めて、ディープだからという理由で出資した馬。我ながら身の丈に合わない高い買い物となってしまったので、その分大きな夢を見たいものです。

目指せオープン馬!
大目標はプラス収支!
そして万が一、「奇跡の血量」が奇跡を起こしてくれたら・・・


コメント

  1. 中バス | URL | -

    メイキアシーね。
    兄のスワーヴアーサーをPOG指名していたので母系に魅力を感じています。
    重厚でいいですよね!

    また、奇跡のNorthen Dancerもいいですが、ディープの血にHail to Reazonクロスは今年のダービーで上位を独占したようによく走りますから期待しています!

  2. Expensive | URL | -

    中バスさん

    母はサドラー×Darshaanですから、日本ではだいぶ重く感じますね。
    スワーヴアーサーがセレクトで億超え、ヘルデンレーベンが縦縞で7000万。
    その割に15産は安く済んだ気もします。

    Hail to Reasonクロスはノーマークでした。
    リファールに続くディープの鉄板クロスになってくれると嬉しいのですが。
    BT、サドラー、タイキシャトルなど組み合わせも多そうですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reisaibanushi.blog133.fc2.com/tb.php/519-d0fb0ea2
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。