--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃になって14産愛馬を紹介

2016年02月13日 18:35

去年の10月くらいの段階でほぼ決まっていたのだから書けよという話ですが・・・
5月の社台サンデーから始まって、10月中旬頃にシルクが終わって確定。
14産の愛馬は、以下の3頭になりました。

エアトゥーレ14(父ダイワメジャー)150万
社台F看板血統の1頭。13産の40口出資がなかった分の繰越も合わせて資金捻出。
この仔については以前のブログでも散々書いたので省略します。
関東馬なので応援に行きやすいのもポイント高いです。

メジロダーリング14(父ハーツクライ)6万
母は初代アイビスSD勝ち馬。あの勇姿は目の前で見てました。
続くスプリンターズSでも本命にして儲けさせてくれた、とても相性の良くて大好きな馬。
長い間、いつかは産駒に出資したいと思っていたものの、メジロ牧場では手が出ず。
少々不謹慎な話ですけど、メジロの馬産撤退で千載一遇のチャンスが巡ってきた訳です。
父がハーツなので直線1000で見ることはないかもしれないけど、元気に走ってくれれば十分。
思い入れの強い出資ですし、最終的にはアワブラッドになることまで考えてます。

ヒシシルバーメイド14(父ダイワメジャー)3.5万
いつかの1000万で愛馬がボロックソにやられた、アミカブルナンバーを全姉にもつ仔です。
そういう縁があって出資を検討していくと、名牝ヒシアマゾンの孫だったんですね。
キャロットで社台F産というのは珍しいのですが、過去に半兄ニードルポイントも募集されてました。
上の実績も十分でこの募集額、関東馬ということで出資を決めました。

結果、ダメジャー2頭、ハーツ1頭、
SS系とは相性が良くない自覚があるのですが、14産はそんなこと言ってられないですな。
この世代で苦手意識を克服できたらと切に願います。


最後に落選した馬たちを。

トゥザヴィクトリー14(キャロット)
毎年ネタのように落ちているこの血統だけど、バツイチ落選の去年はショックでした。
ハピネス産駒は募集されなさそうだし、グローリー以来もう縁がないのかもしれません。

フサイチエアデール14(シルク)
思っていた以上に超倍率となり、実績の乏しいシルクでは勝ち目がありませんでした。
これにより、14産シルクの出資馬はゼロに。


コメント

  1. 中バス | URL | -

    ダイワメジャーが2頭とはね。
    これでダイワメジャーにハマってくれればなとおススメした身としては思っています(笑)

  2. Expensive | URL | -

    中バスさん

    良い意味でハマってくれたら嬉しいですね。
    ドツボにハマるのだけはご勘弁を(笑)
    その辺は中バスさんの見る目を信じますよ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reisaibanushi.blog133.fc2.com/tb.php/515-b02df829
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。