--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度、この血統で

2016年02月11日 20:53

先週は愛馬ロゼリーナのデビュー戦を見届けに、淀まで応援に行ってきました。

20160207_京都競馬場

全姉で、同じく愛馬のロザリウムと同じレースでデビューとは縁があります。
ちなみに2年前と同じホテルに一泊し、万全の状態でスーツ着込んで行きました。

ロゼリーナ

体重は6キロ大きい程度でほぼ同じ、馬番も同じ1番。
同じレースなので当然といえば当然ですが、撮影した時間も1分違い。
まるでどこかで見たような風景です。

ロゼリーナ

少し待つと愛馬登場。
毛色はキンカメにもローズバドにも似ず、栗毛に出ました。

ロゼリーナ

全体だとこんな感じ。
栗東帰厩時が459キロだったことを考えると、少し減りすぎ?
バルブランシュなどは増えていたので、どのくらいが普通なのか分かりませんが。

ロゼリーナ

さて人気は。
一本被り・・・だと・・・
姉の新馬も1番人気でしたが、押し出されたような感じでした。
ここまで人気になるとは驚きです。

ロゼリーナ

自分も含めファンの多い薔薇一族、陣営の強気コメントに新聞の印もあったので仕方ないかも。
とはいえ上のブックはグリグリ過ぎです。記念に買ってしまったよ。

ロゼリーナ

血統どおり、終始大人しく周回していました。

レッドミモザ

一緒にデビューする馬も何頭か。
2番人気は東京のレッドミモザ。
母フラワーパークはヴァンセンヌの半妹ですね。

アルマンディン

3番人気はキャロットのアルマンディン。
母クリソプレーズはマリアライト、クリソライトの半妹ですね。
ということで混合戦にも関わらず、良血牝馬3頭で上位人気を独占しました。
サトノケンシロウがいたらもっと凄かった?新馬でマジックストームと当たるのは勘弁してくれ!

ロゼリーナ

止まれの合図でこっち向いたところ。

ロゼリーナ

パドックでは騎手は乗らず。
首筋をポンと叩かれて、そろそろ出陣です。

ロゼリーナ

デビュー戦の鞍上はルメールJに託します。
鞍上については何の心配もありません。

ロゼリーナ

The Rising Sun」をバックに、初めての本馬場入場です。
やや時間を要したけど、新馬のあるうちに無事デビューを迎えることできました。

ロゼリーナ

返し馬もスムーズです。
思い入れ出資なので後悔はありませんが、初めて出資したローズバド産駒の姉は未勝利引退。
当然ながらこの程度では懲りず、シルクに入会してまでこの仔に申し込んだものの実績負け。
キャンセル募集で相当の運を使って抽選を潜り抜け、ようやく愛馬となった仔です。
もう一度この血統で夢を見たい!

ロゼリーナ

雪の舞う中でのレース。
先団後ろのインで待機し追い出しを待つ絶好の展開で、あとは直線伸びるだけ。

ロゼリーナ

しかし、そこからの伸びが案外。
少し不利がありましたが、致命的というようには見えませんでしたし・・・

ロゼリーナ

結果は6着と断然人気に応えることができず。

ロゼリーナ

戻ってくるところ。
まずは初めてのレース、疲れさま。

断然人気で負けたのは勿論残念ですが、直前追い切りでルメールJの「少し非力なところがある」というコメント(姉も同じことを言われた)が心配だったので、実はこのレースを見て少し安心しました。
血統的にも新馬は苦手だし、全く目処が立たないようなレースでもありませんでした。
次は牝馬限定で、変わり身を見せて勝ち上がってもらいたいところです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://reisaibanushi.blog133.fc2.com/tb.php/513-28881c8f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。