--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願は5戦で散った

2014年09月20日 10:52

先日、愛馬ロザリウムの引退が決まりました。

愛馬引退の際には、過去の記事を振り返りながらまとめて記事にするのが恒例。
大きな喪失感から心の整理がまだ全然出来ていない状況ではありますが、整理をするためにもこの記事を書いておかなくてはと思います。

- 2012年 -

出資の決め手はただ、愛馬にしたい血統だからということのみ。
ローズバドはトゥザヴィクトリーの次に好きな牝馬で、社台サンデー募集の血統では一番です。
前脚などは目に見えて危険でしたが、それすら気にならないほどに「母ローズバド」は自分にとって強力なポイントでした。
第一で実績勝負になった時は諦めた時期もありましたが、どうにか無事に出資決定します。
念願の薔薇一族、その中でも最も好きな馬の産駒を愛馬にできました。

ローズバド11

で、その年の秋ツアーで初対面してきました。
この時は額に怪我をして縫った跡がありました。

- 2013年 -

ロザリウム

トモの疲れなどで思うように進まず、なかなか本州移動ができない状況のなか、秋ツアーで再会。
1年前からはだいぶ大きくなっていて満足。
次は競馬場で会おう、と約束しておきます。
その後も頓挫があり12月にようやく本州へ・・・と思ったらいきなり入厩。
年明けデビューが視野に入ってきました。

- 2014年 -

結局ここが最後の年に。

ロザリウム

待ちに待ってたデビュー戦は2月の京都でした。
当然現地に応援に行ってきました。
一族ファンの票が入ってか1番人気でデビューを迎えますが、結果は大きく離された9着に。
新馬のあるうちに間に合ってよかった、というのが正直な感想でした。

ロザリウム

一度しがらきに戻り、2戦目はゴールデンウィークの京都の牝馬限定戦。
応援に行きましたが結果は13着。
牝馬同士なのに混合だった新馬より着順を落としてしまい、結構ショックを受けました。
あんなに後ろだとは思わず、撮影も失敗。

ロザリウム

それでも懲りずに応援に行ったのが3戦目の阪神。
距離を伸ばして先行し、直線入口で勝てるかとも思ったんですが、直線で伸びず10着。
それでも着差は大きく縮めたことで、少し希望が持てました。
この時はトゥザヴィクトリー、ローズバド、レディパステルの2001年エリザベスの産駒3頭が同じ週に出走していたんですね。

4戦目は名古屋のラズベリー賞。地方参戦となりました。
どうしても仕事が休めず応援に行くのは諦めることに。
で、そこでクビ差の2着に頑張り、次も地方なら勝てるんじゃないか?と思うように。
しかし結局このクビ差が、悔やんでも悔やみきれないクビ差になることに・・・

ロザリウム

最後のレースとなってしまったのが園田の神鍋山特別
希望どおりの地方レースに出走が叶いました。
少しだけ見納めになるかもと思ってましたが、基本的には口取りするつもりで応援に行きました。
1番人気に支持されたのも嬉しかったですね。
しかし結果は、砂被りを嫌がって6着と期待を裏切ってしまいます。

その後、スーパー未勝利出走を目指す予定だったのを変更し、今週引退が決定。
地方移籍から中央に戻ることも考えてほしかったんですけどね。
これほど思い入れの強い血統の愛馬とたった2年、デビューから5戦、半年でお別れしてしまうのは寂しい気持ちで仕方ありません。

まずはロザリウム、今までありがとう。
残念だったけど、念願の薔薇一族として出資したことへの後悔は一切ありません。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://reisaibanushi.blog133.fc2.com/tb.php/472-d564b16b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。