--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行進曲「威風堂々」にのって

2014年09月13日 17:57

水曜日はロザリウムが神鍋山特別に出走とのことで、応援に園田へ。
自分にとって、新潟県競馬廃止以来12年ぶりの地方競馬参戦となりました。

20140910_園田競馬場

前走、名古屋のラズベリー賞は非常に惜しいレース
これはダートでも!と思い、多少無理して休暇を取得。
大阪空港まで飛行機で、そこからモノレール、阪急と経由し、園田駅からはシャトルバス。

20140910_園田競馬場

新潟競馬場よりも飛行機が近くを飛んでます。
1、2Rで出走馬の移動や口取り時の流れ確認、テスト撮影を済ませ、7Rまで馬券など。
8Rの出走馬が馬場入場したあたりでパドック待機すると、結構人がいました。
すると・・・

20140910_園田競馬場

小牧Jが普通に歩いて通り過ぎていくという、中央では見られない光景が。
他の騎手も地元の人達と軽く挨拶などをしており、声を掛けるタイミングを待っていたようです。
ファンと騎手の距離が近いのが地方競馬の魅力のひとつなんですね。

ロザリウム

そして少し待つと愛馬登場。
前走は現地に行けなかったので、およそ3か月ぶりの再会です。
いつもどおりの落ち着いた様子で周回。

ロザリウム

こっち向いたところ。
パドックが狭いので、目の前に来る撮影チャンスが何度もありました。
手前の木が邪魔で心配でしたが、内側を周回してくれたので気にならず。

ロザリウム

顔アップ。
阪神より断然上手く撮れます

20140910_園田競馬場

出走馬はこんな感じ。
注目は人気を分け合ったシーザリオ産駒のロザリンド。
ロザ対決であり、小牧Jと岩田Jの凱旋ジョッキー対決でもあります。
某POG本でいうところの「イケてなかった」良血馬対決・・・それは言わないで

ロザリウム

止まれの合図はなかったような・・・
小牧Jが再び登場し騎乗します。

ロザリウム

エルガーの「威風堂々」にのって、本馬場入場から返し馬へ。
この曲を聴くと、映画「ジャック」のラストシーン(泣けます)を思い出してしまう。
アメリカの卒業式の定番らしいです。

ロザリウム

人気は最終的に1番人気に。
この思い入れの強い血統とお別れするには早過ぎる。
まだまだ愛馬でいてもらうために、ともかく必勝で
さあ行ってこい!

ロザリウム

で、レース。
前走のように出ムチをくれて先団につけてくれるかと思って前のほうを見ていたんですが、なかなか見つからず、見つけた時には後方3番手の追走に。
レース後のコメントによると、砂を被るのを嫌がって前に進まなかったとのこと。
たしかに前走は砂を被る機会がなかったですが・・・これは大きな誤算

ロザリウム

向正面から一気にポジション上げていけば・・・などと思っていたところ、状況はさらに悪化し、勝負所ではシンガリ。直線入口でようやく後方2番手に。
こうなってしまうと、もはや撮るのみ。

ロザリウム

こっちに来たところでも後方のまま。
前とはだいぶ差があり、掲示板すら危うい状況。

ロザリウム

園田はコースが近く、とても撮りやすくて良い競馬場です。
この仔のレースは場所を誤ったり外から被されたりして、今まで撮影失敗してばかりだったので、満足いく画像が切り出せただけでも行った価値はあったかな、と。

ロザリウム

最後は勢いよく伸びていたものの、リヴィアードは交しきれず結果は6着。
これは相当マズイことになった・・・

ロザリウム

戻ってくるところ。まずはお疲れさま。
砂被りを嫌がるという十分な敗因があったので、負け自体のショックは小さいです。
しかしもう時間がない!
今後中央のスーパー未勝利を走るとなると、あとはダートしかない状況。
中央のダートは一度も走ったことがないので適性がある可能性もありますが、小牧Jによるとダートは向かない馬だそうで、中央勢とやり合えるかは適性以外にも課題が多いです。
ラズベリー賞のクビ差がとても大きく感じます。

こうなってしまったら中央は早めに切り上げ、実績のある名古屋に移籍して中央復帰を狙ったほうが手っ取り早いような気がしてきました。
ともあれ1戦でも多くこの仔が走る姿を見ていたい!
ソルダテッサのような前例もありますし、とにかくチャンスを与えてほしい。
まだ信じてるよ!


コメント

  1. 中ヴァス | URL | -

    一口を始める前はスーパー未勝利なんて今までの未勝利と変わらないと思ってたんだけど、この立場になって戦いの意義がよくわかってきました。
    関係者にとってはホントに勝ちたい1戦なんですよね。
    お互い今年の3歳は後がありませんが、仮に勝てなくても地方からのカムバックをお願いしたいですね!
    それとスーパー未勝利で愛馬対決にならなそうなのでちょっとホッとしてる気持ちです。

  2. Expensive | URL | -

    中ヴァスさん

    スーパー未勝利に出られるかどうかの瀬戸際になる8月あたりから、未勝利戦は独特の雰囲気になってきますね。
    今のところ愛馬対決は一度もありませんね。
    うちの愛馬については次の記事で書く予定ですが、中ヴァスさんの仔たちの生き残りを願っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reisaibanushi.blog133.fc2.com/tb.php/470-436527dc
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。