--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最速デビュー!最速初勝利!!

2014年06月16日 21:15

日曜日はアヴニールマルシェのデビュー戦の応援に府中まで行ってきました。
先週3歳愛馬が全てデビューし終えたと思ったら、間髪入れずに2歳愛馬がデビューします。
今までの愛馬の中で最速デビューとなりました。

20140614_東京競馬場

2週連続遠征(そのうえ木曜日にも遠征)で出発前から疲れが残っていましたが、デビュー戦だけはとにかく現地で見届けるのがポリシーなので、疲れをおして行ってきました。
涼しい場所を確保してくれた仲間の皆さんには感謝です。

アヴニールマルシェ

待ち時間と同時進行で行われていた日本戦も気にしつつ、少し待つと愛馬登場。

アヴニールマルシェ

この仔とは初対面です。
ちょっと余所見する場面が多かったような。

アヴニールマルシェ

全体だとこんな感じ。
たしかにディープの中ではガッチリした印象。
そのくらいカタログで見とけって話ですが、出資理由は後述。

アヴニールマルシェ

馬体重は脱北時から程よく絞れました。
1週前追い切りではエプソムC出走のペルーサに稽古をつけてもらったそうです。
トゥザのライバル(勝手に認定しました)であるペルーサが厩舎の先輩になり、こんな形で他の愛馬と関わることになるとは思ってもみませんでした。

アヴニールマルシェ

そしてこの人気(最終的には2倍ちょうど)。
ベルラップやロジチャリスは前評判良かったし、募集番号1番対決となったグリーンのディープフォルツァもいて、注目馬が集まった中での人気だけにちょっと驚きでした。
POG本の段階から扱いが凄かっただけのことはあります。

アヴニールマルシェ

鞍上は、いつもローズノーブルでお世話になっている北村J。
この日は函館メインにローズノーブルも出走でしたが、こちらを選ぶのが妥当でしょうか。
今後も2頭ともよろしくお願いします!

アヴニールマルシェ

The Rising Sun」をバックに本馬場入場。
この曲は新馬戦の雰囲気と上手く合っていて、まさに未来への行進曲といった感じでした。

アヴニールマルシェ

ちょっとやんちゃな面も。

アヴニールマルシェ

トレンド血統のひとつであるリファールのクロス持ちディープ、名門厩舎所属で高額募集馬と非の打ち所の無いエリートなんですが、実は思い入れは強くなかったり。
おかしな巡り合わせで愛馬になった仔ですが、レースでは精一杯応援します。
評判どおりのレースを見せてこい!

アヴニールマルシェ

で、レースは悪くないスタートから一旦下げ、4コーナー手前から進出していきます。
65秒台の超スロー、ロジチャリスは完璧なレース運びをしているように見えましたが、何故か分かりませんが絶対に差し切れるという根拠の無い自信がありました。

アヴニールマルシェ

ゴール寸前、少しだけ抜け出します。
これで勝利を確信。

アヴニールマルシェ

という訳で、見事に新馬勝ちを収めてくれました。
将来を見据えて新馬戦では勝ちを優先させないような厩舎というイメージだったし、実際に北村Jも今後のことを考えた騎乗をしていたようです。
それでも勝ち切ってくれるんだから大したもんです。
上がりは驚きの33秒台!

アヴニールマルシェ

戻ってくる時にこっち向いたところ。
どうだ!と言わんばかりの表情(?)です。
バツ2狙いで出資したなんてもう言いません・・・ホントにゴメン。

アヴニールマルシェ

口取りは当たってなかった(当たる訳がない)ので、上のほうから撮影。
過去最速デビューだったので、当然ながら過去最速の新馬勝ちです。
まだ1勝馬なのであまり大きなことは言いませんが、ひょっとしたらひょっとするかも・・・
そんな期待を持たせてくれるレースでした。

そしてこの勝利で、遅ればせながら今年の愛馬初勝利となりました。
近年はトゥザやフレイムが年明け早々に勝ってくれていたのに、今年はいつになっても勝てず。
もしかしたら年内未勝利も・・・なんて考えていた時の1勝だっただけに、勝利の美酒は格別。
記念撮影に向かおうと集合場所にいたそれっぽい集団に合流したところ、ディープフォルツァの集団に入ってしまいアヴニールの集団は別の場所にいた・・・なんてことも。
これについては撮影時、社員から注意が出てましたが。

POG期間からずっと楽しませてくれていますが、これからもっと楽しませてくれそうです。
ともあれアヴニール、デビュー勝ちおめでとう
重ね重ねになりますが、ごめんなさい


コメント

  1. サムグレ子 | URL | -

    廊下に猛将

    新馬戦勝利おめでとうございます。
    相変わらず恐ろしい引きの強さですね(笑)。やはり、越後から武蔵・山城・摂津・豊前へ車で遠征するという凄まじい行動力には天も味方するのかな?パワーオブザドラゴンフレイム!

    レース後にこっち向いてる写真がいい味出してます(笑)。

  2. Expensive | URL | -

    サムグレ子さん

    ありがとうございます。
    今年の3歳が思っていたより振るわずなので、引きが強いかどうかは?が付きます。
    武蔵は割と簡単に日帰りできるんですが、山城と摂津は土日コースになるので疲れます。
    豊前に車で行った時はマジで死ぬかと思いましたし(笑)

    引き上げのシーン、こんなの撮れるんだったらテレコン装着しておけばよかったと後悔しています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reisaibanushi.blog133.fc2.com/tb.php/458-f1ec2878
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。