--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しだけ希望が見えた

2014年06月14日 17:06

先週の阪神では、土日に分けて愛馬3頭が出走しました。
当然ながら現地遠征、応援に行ってきました。

20140607_阪神競馬場

土曜日にはフィラデルフィアトゥザグローリーが出走したものの、どもに二桁着順。
最後こそは!という気持ちで2日目の阪神へ。
ロザリウムの応援に向かいます。

ロザリウム

11時頃到着し、しばらく待つと愛馬登場。
大好きなレース、01年エリザベス女王杯2着馬ローズバドの6番仔です。

ロザリウム

馬体重はまた増えて444キロになりました。
そろそろ小柄の部類ではなくなってきた?

ロザリウム

走るごとに体重が増えているのには成長を感じます。
ただ、翌週の芝2000を睨んでの除外優先狙いだっただけに、仕上がり切らずのプラス体重だったということも考えられますが、良い方に取って前者にしておきましょう。

ロザリウム

顔アップ。
晴れて前日より暑かったですが、光が入ってパドックも少しは撮りやすくなってました。

ロザリウム

今回は初コンビ、新人の松若J(名前間違えてスイマセン)に鞍上を託します。
乗ってもらって申し訳ないですが、やはり鞍上弱化は否めない感じ。
ただし3キロ貰うことになるので、今までとは動きが変わってくるかもしれません。
どちらが大きいか分かりませんが、良い方に取って後者にしておきましょう。

ロザリウム

土曜と同じように移動して例の位置で待ち、少しすると本馬場入場。
騎手を撮るという習慣がなく、どうしても馬の顔中心にズームしてしまう・・・

ロザリウム

せっかくなのでもう一枚。
前走がガッカリな結果だったので期待度は微妙。
ただし1ハロンの延長は間違いなくプラスに働くはず。
最低でも前走以上、できれば掲示板まで!
さあ行ってこい!

ロザリウム

で、レースはスタートを決め、いい感じで先行できています。
追走は楽になったみたいですが、またも3~4コーナーで後退。
これをどうにかしないと厳しいです。
ただしデビュー2戦とは違い、直線向いてもまだ圏内にいます。
ここから伸びることができれば!

ロザリウム

ゴール前からは一瞬伸びかけたようにも見えましたが、前を交わすほどには至らず。
どうやら本当に坂が苦手みたいですね。

ロザリウム

比較的差し決着のレースにもなり、後ろから来た馬にも交されていきます。
残念ながらここからは外の優駿の仔に被されて撮影できず、ベストのアングルを逃します。

ロザリウム

結果は10着。
目標の掲示板は遠く、また二桁負けではありますが、近2走より着差はだいぶ縮まりました。
これは良い方に取らずとも、確実に前進したところじゃないでしょうか。
距離は伸びたほうがいいし、陣営も次走おそらく2000以上を狙ってくるはず。
坂のないコースということであれば、夏の小倉か新潟は最適じゃないでしょうか。
時間は残り少ないですが、少し希望が見えたかな?と思えるレースではありました。
まずはお疲れさま。


という訳で、13年前のエリザベス女王杯1、2、4着馬の産駒を応援する2日間は終了。
全馬二桁着順という散々な結果ではありましたが、彼らが自分にとって思い入れの強い血統であることはレース結果で変わるものでもないですし、間違いなく有意義な2日間でした。
13年前、競馬を始めて間もない頃、新潟競馬場のターフビジョンでエリザベス女王杯を見ている自分にこの土日のことを教えたら、たぶんビックリする(呆れかえる?)でしょうね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://reisaibanushi.blog133.fc2.com/tb.php/456-d14638cc
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。