--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬のお嬢様

2016年03月27日 19:07

タイトルは白馬に乗ったお嬢様ではなく、お嬢様自身が白馬。
ということで、初の白毛の愛馬、シロインジャーのデビューを見届けに行ってきました。

20160319_阪神競馬場

写真は競馬場にいた白鳩です。愛馬とは特に関係ないはず
ルートは車で金沢まで。その先はサンダーバード使って行きました。

シロインジャー

レースは13産、世代最後の新馬戦
朝の段階では何と1番人気!
母がユキチャンとはいえ、ダートのハービンを人気にするのはどうなのか
最終的には概ね新聞の印どおり、4番人気に落ち着きました。

シロインジャー

少し待つと愛馬登場。
さすがの白さです。

シロインジャー

シラユキヒメから始まる白毛一族も頭数が増えてきて、もはや珍しくない感じになってきたものの、目の前に来たときには一斉にシャッターが切られていました。

シロインジャー

馬体重は526キロと、牝馬にしてはかなりの巨体です。
最大で560キロあった仔ですから、これでも結構絞ってはいます。

シロインジャー

こっち向いたところ。
言われるとは思っていたけど、周りからは「名前がアカンな」という声があちこちから。
アカンのは1年以上前から出資者が一番自覚しております

シロインジャー

下から見ても白い・・・

シロインジャー

瞬きすると白いパーツしかない

シロインジャー

止まれの合図。

シロインジャー

上から見てもやっぱり白い・・・

シロインジャー

The Rising Sun」にのって本馬場入場。
喉の手術をすることになった時は新馬のあるうちにデビューできるとは思っていなかったのですが、どうにか間に合ってくれ本当によかったです。

シロインジャー

鞍上はロゼリーナと同じくルメールJに託します。
色んな噂があったけども、自分としてはトップジョッキーに乗ってもらうのが一番です。

シロインジャー

ダート1800なので返し馬はそのままヒューっと行ってしまいます。

シロインジャー

ハッタリ実績で出資することになった愛馬、
珍しさで記念出資というのは否定しないけど、どうせなら長く現役で見ていたい。

シロインジャー

スタート良し。

シロインジャー

1周目スタンド前。
それにしても目立ちます。
2周目は馬群に埋もれる可能性もあるし、1周目に外を回ってくれたのは撮りやすくなり助かりました。

シロインジャー

目の前に来たところ。
ここから一気に上がっていき、道中は2番手を追走します。

シロインジャー

・・・が、3コーナーで早くも息切れ、最後の直線を待たずに馬群に消えていきます。
大敗は免れないので、あとは外から被せられさえしなければ。

シロインジャー

その心配はなく、こっちに来た頃には馬群からだいぶ離されていました。
良いのか悪いのか・・・

シロインジャー

結果は5秒離された14着という、先が思いやられる結果に。
ただ、注目を浴びる存在という自覚があるのでしょうか。
大敗したレースでも、被写体としての仕事はキッチリこなしてくれました。

シロインジャー

戻ってくるところ。
喉鳴りを克服してのデビュー戦、まずはお疲れさま。

シロインジャー

距離が長かったのも原因にあるかもしれませんが、ダートはからっきしなハービン産駒ですし、今後は芝1400あたりで見てみたいところです。
しつこいようですが・・・白かった
スポンサーサイト

14産愛馬の馬名決まる

2016年03月06日 02:30

昨日、社台サンデーの馬名が発表されました。
これで自分の14産愛馬3頭の馬名は全て揃ったことになります。
個人的な感想と合わせて書きます。

まずは先に決まっていたキャロットから。

キスミーダーリン(メジロダーリング)
言うまでもなく母名由来。
とても可愛らしいシンプルな馬名で、牝馬にピッタリだと思いました。
シンプルでも奇をてらっても、それなりに様になるのがキャロットのセンスなんでしょうね。
どこかのクラブでは、奇をてらった馬名がダサい馬名だらけ・・・なんてことも。
シ○インジャーのクラブですよ!少しはキャロットを見習ってほしい。
呼び名はどうしようか考え中です。普通にキスミーとかになるのかな?

オーバーレイ(ヒシシルバーメイド)
こちらも母名由来、銀細工の技法だとか。
ネットで調べると、なにやらCGの技法(?)などが上に出てきます。
しかし自分には、どうしても必殺技のように見えてしまう・・・
「lay」と「ray」で綴りが違うけど、カナにすると同じ光線をイメージしてしまうんダローネ。
悪くはないですが、贅沢言えば祖母ヒシアマゾンから繋げてほしかったというのが本音。
呼び名は考え中。レイとかになるのかな?


最後にツッコミどころ満載だった社台。

ヘヴントゥナイト(エアトゥーレ)
これを初めて見たのが昼食中でして、思わず噴き出すところでした。
まさかのYngwie?
会員の世代的にCheapTrickかと思ったのですが、「Odyssey」もだいぶ前の作品でしたね。
祖母由来の意味が分からなくて御一緒の方に教えてもらったのが、歌詞の「パラダイス」。
かなり無理やりな感じ。たしかに他の接点が思いつかないけど・・・
曲名(HM/HR)なのは素晴らしいのですが、はっきり言って好みの曲ではない。
戸田厩舎の代表馬の1頭、キストゥヘヴンに絡めたという説もあるらしいですね。

鞍上が走るごとにコロコロ変わりそうで、古馬になったら絞るのに苦労しそうだけど、それらを補って余りある才能で全て何とかしてしまう・・・そんな王者に育ってくれる気がしてきました(←?)
呼び名は貴族
これだけはすぐに決まりました。伯爵でも可。
曲名の大先輩であるネオユニに追いつけるような活躍に期待しましょう!
ついでにHM界隈では有名な話、Yngwieが日本で残した伝説をひとつ。
※口に水を含んでお読みください


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。