2歳馬と3歳馬のデビュー、競争になる

2014年05月29日 22:42

愛馬アヴニールマルシェのデビュー戦が、6月15日の府中芝1800に決まりました。
これまで順調そのもの。脱北から1か月半、入厩からは1か月という、全く理想的な過程でデビューまで漕ぎ着けられそうです。
この厩舎だからデビューは遅くなるかも?なんて言っていた出資当時が懐かしい。
個人的にも今までの愛馬の中で最速デビューとなります。
予定どおりPOG本で大きく取り上げてもらってニヤニヤできたことだし、今のところ出資は大成功といっていい状況。
あとは肝心のレースでも期待どおりに走ってくれれば文句なしですが、それが一番難しい??


で、いまだにデビューできていない3歳愛馬フィラデルフィア。
まさか・・・2歳愛馬に先越されるか?と思っていたところ、先輩の意地を見せてくれた(?)のか、今日のロードの公式で6月7日阪神芝1400デビューとのアナウンスがありました。
その日はトゥザグローリーが鳴尾記念に出走するので遠征は決定済み。
一度の旅費で2度おいしい遠征になりそうで楽しみです。


そのトゥザですが、鳴尾記念の鞍上はウィリアムズJに決定したそうです!
JCDはノーカウントとして、3歳有馬以来、待望の鞍上クレイグです。
しきりに「クレイグ乗せろ!」と言い続けてきたのがようやく報われた感じです。
公式にはありませんが、どうやら宝塚まで2戦の依頼だそうで楽しみです。
しかし、気持ちの面で不安要素があるようなのが心配なところ。
まぁクレイグならどんなレースになっても文句はないですよ。

残留ならず降級

2014年05月29日 22:05

先週日曜は京都でアメリが出走しました。
この仔にとっては1000万残留を賭けた大事なレース。
前々走でクビ差だったピンポンはいるものの、混合戦の割には楽なメンバー。
牝馬限定の前走より楽にすら感じる・・・となれば、どうしても勝っておきたい一戦でした。

川田Jはハープスター、近走よく乗ってくれていた岩田Jはヌーヴォレコルトでオークス出走のため、今回は未勝利時代に一度コンビを組んだことがある松山Jに鞍上を託すことに。
全く心配していない、と言ったらウソになりますかね。

IMG_20140529_211839

レースはスタート良し、道中もストレスの少なそうなポジションから追走できたものの、仕掛けどころでやや詰まってしまいました。
ピンポンにすんなり交わされまた2着、これで5戦連続か・・・などと思っていたところ、カリスマサンスカイがハープスターばりに大外から強襲してきて3着。
なんの自慢にもならない連続2着記録、途絶えるなら1着でと思っていただけに残念です。
差し決着(先行した馬の中では最先着)だったのも響いただろうし、乗ってくれた松山Jには申し訳ないですが、近走と比べると騎手の差も出たのかも。

この結果、アメリは500万に降級が決まりました。
1000万のほうがレースがしやすいという先生のコメントどおりであるなら、断然実力上位とはいえアッサリ出戻りできるかちょっと心配になります。
出戻りを賭けた次走は、中4週で阪神の牝馬限定戦とのこと。

シルコレ抜け出せず

2014年05月18日 14:29

先週は愛馬アメリの応援に京都まで行ってきました。

20140510_京都競馬場

ロザリウムを見に京都へ行ってから中1週なので迷いましたが、1000万に上がってから3連続2着となり今度は牝馬限定。
いい加減勝ち上がれるだろうと思って、多少無理してでも行くことに。
日曜の最終ではなかったのも理由として大きかったかも。

ホワイトベッセル

待ち時間に撮影した白毛のホワイトベッセル。
誘導馬として頑張っているようです。
さすがの白さ。

アメリ

さらに少し待つと愛馬登場。

アメリ

周回中は、いつもどおりの華麗なステップを踏んでました。
ですが近走よりはだいぶマシなほうかも。

アグネスダリム

もはや1000万クラス上位の常連となってしまいましたが、これだけ関西で同じ条件を走り続けていると見知った顔も増えてくる訳で。今回は何頭か撮ってみました。
まずはアグネスダリム。
福島の500万では目の前で勝ち上がられてしまいましたが、今なら負けないはず。

ハナズインパルス

ハナズインパルス。
この仔には大崩れしてしまった阪神の500万で目の前で勝ち上がられてしまいました。

テーオーレイチェル

テーオーレイチェルも500万からの付き合い。

トップオブザヘヴン

そして凄いのがトップオブザヘヴン。
アメリが1000万に上がってから、4戦全てのレースで対戦しています。
初対決組では天王寺特別2着のオメガセニョリーナ、3着のメイショウユメゴゼがいたりして、牝馬限定戦とはいえ油断ならない好メンバーとなりましたが・・・

アメリ

この人気です
嬉しいには嬉しいですが、思っていたより被った感じ。

アメリ

止まれの合図が出ました。この瞬間にカメラスタンバイ・・・

アメリ

あ、行っちゃった
どうやら先入れするようです。
前走は最後だったので、今度は先に入ってみようということでしょうか。
すぐに馬場入場になると見られないかもしれないので、大急ぎで所定の場所に移動します。

アメリ

で、ゼーゼー言いながら待ち、本馬場入場。
またも馬場入りを嫌がる素振りを見せ、すぐに返し馬へ。
返し馬へ入るときも心配だったんですが、この日は割とスムーズにいきました。
500万に落ちてしまうのだけは勘弁してもらいたい。
さあ今回こそ勝ち上がってこい!

アメリ

レースはスタートダッシュがイマイチも、4コーナーでは先頭を射程圏内に捉えます。
あとは抜け出すだけのつもりでしたが・・・外から勢いが違う馬が1頭。

アメリ

オメガセニョリーナに一気に交わされてしまいました。
スパッと切れるタイプではないので、一瞬の切れが持ち味の馬はちょっと苦手かも?
こうなったら仕方ありません。サンレーンを交わして2着を確保するしかない!
どうもアングルが遠いと思ったら、テレコンレンズ付けるのを忘れてました。

アメリ

で、結果は2着。前にも言ってますが、またしても2着
良馬場では自信初の1分24秒台を出しているし、鞍上もきちんと乗ってくれて決して悪いレースではないんですが、毎回どうしても1頭だけ先着されてしまいます。
ともあれお疲れさま。

もはや2着になることが使命かのような近走成績ですが、3着すら一度もなく毎回キッチリ2着になるほうが、勝つことより難しいような気も・・・
そういえば一口仲間の愛馬で似たようなタイプがいたような。
3歳500万で2着を連発した後、一度勝つと勢いに乗って交流G1まで勝ってしまった馬。
アメリもそんな具合になれば最高なんですけども。


最新記事