--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Birthday Race

2014年02月20日 22:16

先週16日はトゥザグローリーの7回目の誕生日でした。
そして3年振りの京都記念出走でもあり、当然ながら応援に行ってきました。

2014_京都記念

前の週も京都遠征だったので、楽しようと日帰り、東京経由で新幹線乗って行くことに。
この判断が結果的に仇となります。

前々日に降った大雪の影響で上越新幹線の湯沢~高崎間が不通になり、土曜日はほぼ運休。急ピッチで除雪してくれて日曜は始発から動き出しましたが、まだ完全ではなく30分以上の遅れ。
トドメとばかりに今度は東北新幹線も強風で遅れ始め、ダイヤが乱れまくって大宮駅や東京駅では停車するのに順番待ちをする状態に。上野到着後のアナウンスで在来線のほうが早く東京駅に辿り着けるとのことを聞き、急いで京浜東北線に乗るという。
ちなみに復路はほぼ予定どおりに帰れましたが、間引き運転とダイヤの乱れ、長野新幹線運休の影響で北陸方面の客もいたことによって車内は大混雑。ギリギリに滑り込んだ自分などは足場を確保するのが精一杯という、まさに去年の有馬記念と同じような状態で運ばれることに。
楽するつもりが全然楽できていない遠征でした。以上、長いのでスルー推奨。


で、淀には予定より1時間くらい遅れて到着。

トゥザグローリー

一口仲間の方が取ってくれていた場所でしばらく待つと、愛馬登場。

トゥザグローリー

静止画では伝わり辛いですが、近走になく煩いところを見せていました。
最近レースに気持ちが向かないのかと思っていたので、前向きさが戻ってきたと受け取ります。

トゥザグローリー

人気はまたも下落。
G2で7番人気まで落ちたのは初めてじゃないでしょうか。
まぁ前走があまりに不甲斐ないレースだったし、やむを得ないところはあるんですが・・・

ジェンティルドンナ

断然人気は前走でJC連勝を果たしたジェンティルドンナ。
この後はドバイ遠征ということで、ここは壮行レースとなります。
壮行レースには気をつけろ。何故かって?

トゥザグローリー

それはどこかの馬(↑)が壮行レースでやらかしてるから。
一昨年はトゥザもドバイ遠征するはずだったんですけどね・・・
今はドバイより良い頃の走りを取り戻すことが優先ですな。

トゥザグローリー

本馬場入場。
ルメールJの次はベリーJに乗り替わりと、近走は鞍上に恵まれることが多いです。

トゥザグローリー

京都記念は3年前、勇退される池江康郎先生に最後の重賞をプレゼントした記念のレース。
思い出の舞台であの頃の走りを思い出してくれさえすれば、きっと結果はついてくる。
滅多にない誕生日出走でもあるし、これ以上のお膳立てはないぞ
さあ行ってこい!

トゥザグローリー

1周目のスタンド前。
先生の「意識的に溜めて終いを生かす」という騎乗を試みますが、結構掛かってしまいます。

トゥザグローリー

そして3~4コーナー坂の下りで、なんと動きます!
あそこからマクって先頭に立つなんて思ってもおらず。
一気にテンションが上がってきました。
周囲でもどよめきが。
多くは「買ってない」だの「トゥザは要らん」でしたけど。

トゥザグローリー

直線入っても先頭。まさかこのまま粘り込む?
こうなったら、そのまま!

世代交代?何だそれは?関係な・・・

トゥザグローリー

関係ありました。
早めに動いたのが悪かったのか、最後は失速して8着まで後退したところでゴール。
バースデーウインを飾ること叶わず。

トゥザグローリー

戻ってくるところ。
後からベリーJのコメントやリプレイを見てみると、マクったのはあそこで仕掛けた訳ではなく、抑えきれずに仕方なく行かせたみたいです。
それでも後方ままだった前走よりは楽しませてもらえました。
お疲れさま。そして誕生日おめでとう!
掛かり癖が戻ってきたなら距離を縮めるのもありだと思うし、ともかく次こそは復活を。
スポンサーサイト

牡馬相手でも!

2014年02月11日 18:27

日曜日はロザリウムのデビュー戦の他にもう1頭、最終レースにアメリが出走しました。

アメリ

ロザの結果が良くなかったこともあり、精神的には結構ダメージを食らった状態。
このままでは帰れない。アメリには絶対に走ってもらわないと!

アメリ

きさらぎ賞のパドックが終わり、ガラガラになったところでしばらく待つと愛馬登場。

アメリ

相変わらず落ち着きがありません。
古馬になってもこの感じでは、もう諦めるしかないのだろうか・・・

アメリ

馬体重はプラス2キロ。
減りはしませんでしたが目立ったプラスもなく、このあたりが上限なんでしょうか。
走ってくれれば問題ありませんが。

アメリ

ダートに替わってから初の牡馬混合戦でしたが、前走の強いレースぶりや得意の重馬場なども考慮されてか2番人気に支持されました。

アメリ

止まれの合図は狙いどおり真正面から。

アメリ

本馬場入場。
川田Jが府中にいてまたも乗れず、今回の鞍上はハウエバー岩田Jに託します。

アメリ

・・・って、落とされそうになってますが。
鞍上は行儀は良くないが腕は確かだし、もしかすると馬上ダンス騎手と相性が良いのかもしれないので、オリジナルのダンスに期待大です。
勝ったらハウエバーで!

アメリ

で、レースは思ったより前には付けず中団から。
後から見たらジェットスキー寸前くらいまで掛かってました。

アメリ

直線向いてもまだ中団。
前半掛かって待機策。今までのアメリだとこの展開では圏外のパターンですが・・・

アメリ

おお、伸びてきてるじゃないか!
馬上ダンスに呼応するように(?)先頭集団を追撃。
間から抜け出すあたり、根性も見せてくれます。

アメリ

前にいたナリタハリケーンは突き抜けてしまったようなので、あとは2着確保を!
ナリタも相手なりに走るなら、ここも今までどおりでよかったのに・・・

アメリ

結果は2着。
牡馬相手にも全く引けを取らなかったのは立派。

アメリ

戻ってくるところ。まずはお疲れさま。
掛かったうえに差す競馬を決めるなんて想像もしてませんでした。
重馬場だとここまで強いのか、それとも馬の成長によるものか。
ともあれこれで混合戦でもやっていける目途がたちました。
この競馬で掛かることがなくなったら、良馬場でもまず勝ち負けになるはず。

フレイムの引退で落ち込んでいた時に2勝目を挙げ、ロザの負けでショックを受けた数時間後に好走と、アメリには何度も窮地を救ってもらってます。
オープン勢の不振もあり、今年のエースはある意味この仔かも

薔薇一族ロザリウム デビュー戦

2014年02月11日 16:48

日曜は愛馬2頭の応援に京都まで行ってきました。
前日列島を直撃した大雪のため、近畿地方でも雪。府中などは2日間中止となりました。
そんな中、まずはロザリウムがデビュー戦の晴れ舞台を迎えます。
これだけは雪中行軍だろうと見届けなくては!

ロザリウム

前日とはうって変わって快晴。
芝はやや重までしか回復しませんでしたが、絶好の競馬日和でデビューできてよかったです。
馬体重は430キロ台をキープしてほしかったですが・・・

ロザリウム

少し待つとパドックに愛馬登場。

ロザリウム

とても優しそうな眼をしてます。
いかにも良血お嬢様といったところでしょうか。

ロザリウム

母ローズバドは大好きな01年クラシック世代でも特に好きだった馬。
そのうえ応援している薔薇一族ということで、特別な思い入れのある愛馬です。

ロザリウム

全体ではこんな感じ。
カタログ当時から気になっていた左前脚の曲がりは、だいぶ落ち着いてきたでしょうか。

ロザリウム

稽古でのタイムは良くありませんでしたが、これは一族の特徴だからいいんじゃないかと。
新聞の印の感じだと3~4番人気くらいかな?

ロザリウム

・・・と思ったら何と1番人気!
しかし三連単の支持率では4番目という、実績のない新馬にしては不思議なオッズ。
薔薇一族には自分も含め多くのファンがついてますし、応援馬券が単勝を押し上げた?

ロザリウム

止まれの合図でカメラ目線も。

ロザリウム

全兄ローズキングダムが新馬勝ちした時と同じ、縁起の良い1枠1番に入りました。
騎手が乗らないようなので、ゴール前の所定の位置までダッシュで移動。

ロザリウム

The Rising Sun」と同時に本馬場に姿を現します。
ロザリウムの現役生活のスタートです。
一旦通り過ぎて、返し馬で戻ってくるのを待ちます。

ロザリウム

返し馬。
何度か頓挫があって新馬デビューが危ぶまれましたが、どうにかこの日を迎えられました。
不安要素も多いですが、夢は母の忘れ物を取りにいく、桜花賞出走とオークス制覇!
夢は大きく見るもんです。それだけの血統なんだから

ロザリウム

で、レース。
スタートが悪く、道中少しずつ上がっていくも勝負どころで置かれてしまい、4コーナー通過で後方3番手という絶望的なポジションに。
あとはどこまで脚を見せられるか。

ロザリウム

こっちに来るところ。
何頭か交わしましたが8着以内は厳しいところ。

ロザリウム

残念ながら結果は9着。
過剰人気だったとはいえ、思っていたよりも負けてしまいました。
ゴール後は全力ダッシュで撮影場所を移動。

ロザリウム

戻ってくるところ。
今回はあくまで新馬戦。初戦だけではまだ何とも言えません。
スタートも悪かったし、荒れた馬場で力を出し切れなかったことも考えられます。
一度使って一変する仔もいるので次走に注目なんですが、公式の橋口先生のコメントから一度放牧に出されるかもしれないとのこと。
放牧を挟むようなら4月の阪神か福島の芝中距離の牝馬限定、その辺りが狙い目でしょうか。

まずは初レースお疲れさま。
クラシック云々は言ってられなくなったけど、まずは初勝利目指して頑張ろう!


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。