--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血統どおり!

2013年06月24日 22:56

日曜日はアメリの応援に仁川まで行ってきました。
前走、負けるはずは無いと思っていたダートの牝馬限定戦でまさかの4着。
最悪これで終わってしまうかもしれない・・・
なら最後まで見届けようと、覚悟を決めて仁川へ

この日は宝塚記念当日ということで、競馬場は相当混んでました。
場所を確保して頂いた仲間の皆さんに感謝です。

アメリ

3Rとは思えないほど混んでいるパドックに愛馬登場。
パドックでは「アメリって映画あったよね」なんて会話も聞こえてきます。
大勢の前で良い所を見せてもらいたいもんですな。

アメリ

例年になく涼しいのは助かったんですが、3Rの直前あたりから結構雨が本降りに。
こんな感じです。前日も結構降ったらしくダートはやや重とのこと。

アメリ

周回の前半はいつもよりだいぶ大人しい感じでした。
しかし周回を重ねてくると、やはり落ち着いていられないという様子に。

アメリ

減っているという情報だった馬体重は意外にもプラス2キロ。
強い追い切りを控えてのプラス体重かもしれないし、不安は拭い切れません。
人気は4番人気。前走が微妙だったし妥当なところかも。

アメリ

止まれの合図では狙いどおりの真正面。なのに写真は後ろから・・・
阪神ばかり走っていると同じようなアングルになりがちなのでこういうアングルもアリかなと。

そしてパドックからコースへ移動・・・するんですが、大混雑でダッシュできず。
人混みを避けながら、やっとの思いでゴール前付近の一番前に到着。

アメリ

牝馬限定ダート未勝利なんて興味なさそうなバズーカ部隊のシートにお邪魔させてもらったため、かなり良い場所で本馬場入場を迎えることができました。

アメリ

返し馬。暗くてピントがあまり合っていませんが。
川田Jとは2戦続けてのコンビ。

アメリ

2歳未勝利も始まり、3歳未勝利馬にとっては生き残りを賭けたサバイバルが始まります。
アメリカ血統であれば時計の速いダートは間違いなく合うはず。
勝ってあと2年半、この血統で夢を見続けたい!

アメリ

で、レースはスタートですんなり行けず、押して押して先頭へ。
・・・って、先頭!?
いつもは前につけると最後止まってしまうので、心配しながら見てました。

アメリ

余裕の手応えのまま直線に入るところ。
スコーンと抜け出して後続を寄せ付けません。
しかし前走のこともあるので、最後に止まる心配は拭い切れず。

アメリ

愛馬の撮影に必死で後ろの馬など気にしていられなかったんですが、後ろの馬も見ている周りの人たちのザワつく声を聞いて確信しました。
間違いなく勝った!!

アメリ

半端に先行するより行き切ったほうがいいのかもしれません。
川田Jの好判断ですね。
チラッと見ているのはターフビジョン?

アメリ

残り100からは追わず、こっちに来る頃にはもう手綱を緩めています。
そのため返し馬と区別のつかない写真ですが、レースの写真です。

アメリ

逃げて突き放し7馬身差の楽勝。最後まで追っていたら大差まであったかも?
母アゼリのBCディスタフのようなレースでした。
まさに血統どおり!
未勝利勝ちであまり大きなことを言うとアレなんで、次走でも同じことを言いたいですな。

ゴール板通過後は口取りの集合場所へ猛ダッシュ!
・・・したかったんですが、何せこの大混雑。
前が壁になりながらも、やっとの思いで到着し念願の口取りに向かいました。

アメリ

で、何で口取りの写真も持ってるのか?と言われそうですが、一口仲間の方に荷物を持ってもらい写真まで撮って頂いた訳です。なんかスイマセン・・・

アメリ

やや重としては決して速いタイムではないですが、残り1ハロンの半分以上を流しているので十分なタイムだと思います。本気で走れば500万は即通用しそう。

しかし課題も山積みです。
気性は当然として、馬体が増えないことには強い追い切りも難しいでしょう。
良馬場で同じような走りが見せられるのかも未知数です。
母は3歳春にはデビューもしていなかった晩成馬。未勝利引退は無くなったことだし、とりあえずゆっくり休んで秋には大きく成長した姿を見せてもらいたいもんですな。

一時はどうなることかと思いましたが、本当によく頑張ってくれました。
初勝利おめでとう。これからが本番だ!
スポンサーサイト

厳しすぎる(?)条件を全てクリアした1頭に 馬選び2013(春)

2013年06月18日 23:28

ここで何度も書いてますが、今年の社台サンデーは出資を見送るつもりでいました。
過去2年、自分としては高い馬に出資してしまったし、これ以上は維持費もばかにならないし。

一昨年のアメリ、去年のロザリウムのように、どうしても欲しい血統がいなかった場合はキッパリ諦めよう・・・という気持ちで届いた募集予定リストを覗いてみると、マストビーラヴドの12が目に留まりました。
この時点では目に留まっただけ。少しでも気に入らない点があれば出資は諦めるつもりでした。
という訳で、ひとつずつ条件をクリアしていく様子を以下にて



父は好きな種牡馬のみ
⇒スウェプトオーヴァーボードはBSSで見て以来、お気に入りの種牡馬

母父SS以外の愛馬とは相性が・・・
⇒もちろん母父はSSなので条件クリア

関西馬だと応援に行き辛いし・・・
⇒てっきり関西だと思ってましたが、意外にも関東に

父と同じ毛色でないとちょっと・・・
⇒ワガママな希望でしたが、芦毛で条件クリア

さすがに75万以上は出せないんだけど・・・
⇒今年は本当に「リーズナブル」。まさかの60万という値付けで条件クリア

馬体に気になる点があったりしたら・・・
⇒問題なし。見る目はありませんが!

失礼ながら預託先厩舎の先生を存じ上げませんが・・・
⇒ブログでは書き辛いものの、ツアーに行った一口仲間の方が仕入れてくれた情報で納得

ツアーで気になることを言われていたら・・・
⇒これはないと思ってましたが、一口仲間の方が仕入れてくれた情報を見る限り無し

馬体重が極端だと不安・・・
⇒406キロと大き過ぎず小さ過ぎずで条件クリア

人気は?実績勝負になったら?
⇒火曜時点で第一ではランクインしておらず。仮に第一で埋まるとしても、目安以上の実績は持っています。これについてはあまり心配しなくてもよさそう

それでもやっぱり資金が心配・・・
⇒先日、組合がいい仕事してくれました



うむむ・・・
ここまで条件をクリアされると、もう出資しろと言われているようにしか思えない。
そんな訳で、かなりビビリながらも
「第一希望 マストビーラヴドの12」のみで投函しました。
なんだか取れそうな気がしていますが、果たして。

遠い1勝

2013年06月04日 22:19

日曜日は愛馬アメリが阪神で出走。
未勝利だけを見に行くには阪神は遠過ぎる。とはいえ初ダートは絶対に行くと前から決めていたので、現地に応援に行ってきました。

IMG_9707

入場して場所を確保した後、余裕こいて一服してからパドックに向かったところ・・・

IMG_9469

もう周回が始まってて焦りました。
完全に出遅れ。1Rはゆっくりしていられませんな。

IMG_9458

こっち向いたところ。
一番前から撮ってますが、ここからだと全体が撮れません。
いつもながら阪神のパドックは難しい。

IMG_9452

今回も落ち着きの無い周回で、常にチャカつきが目立ちました。
この気性が改善されれば掛かる心配もないんですが・・・

IMG_9482

プラス8キロと馬体重は回復しています。
もう少し増えてくれてもよかったんですけど。

IMG_9494

止まれの合図。池江先生も来られてました。
調べてみたら意外なことに、この日の管理馬の出走はアメリ1頭のみ。

IMG_9511

鞍上は川田Jに託すことに。
安田記念の裏でしたが、いい騎手を確保することができました。

IMG_9526

続いて本馬場入場。
馬場入りしてからしばらくの間、何度か馬場を気にするような仕草を見せてました。

IMG_9602

返し馬は相変わらずちょっと掛かりながら走ってます。
でもダートなら、芝ほど抑えが利かなくはならなそうな気も。

IMG_9673

1頭強そうな馬がいて2番人気に甘んじてしまいました。
しかし、皆さん忘れてはいないだろうか?
この仔の母はアメリカで殿堂入りまでした、あのアゼリであること。
初ダートですが一発で、できれば1秒以上離して勝ってほしい。
さあ行ってこい!

IMG_9711

で、レースはやや追っ付けながらのスタートになりますが、道中はスムーズ。
3~4コーナーで持ったまま先頭に並びかけます。
これは完全に貰った!そう思ったんですが・・・

IMG_9719

直線に入ると手応えが一息。グレートエンジェルにすんなり突き放されてしまいます。
なんだか芝のレースと同じような感じに。直線が長い・・・

IMG_9737

それでも2着は確保できるものと思ってましたが、後ろから来た2頭にも交されてしまいます。
もはや呆然。こんなはずでは・・・

IMG_9765

1秒離して勝つどころか、勝ち馬から2秒近く放された4着でゴール。
2、3着は大穴だったことから考えると、やや展開が向かなかった面もあるのかもしれませんが、それでもダートの牝馬限定戦で負けるとは思ってませんでした。

IMG_9797

戻ってくるところ。まずはお疲れさまでした。
掛かりはしなかったものの、結果的にダートでも芝と同じようなレースだったことで、今後のレース選択は微妙になってきた気がします。帰厩直前の公式では引き続き芝1400を使うと発表されていたのにいつの間にかダートに変更になっていたあたり、池江先生は芝向きと判断しているのかもしれないし。
もう時間もあまり残っていないので、なりふり構ってはいられません
とにかく次こそ1勝を!


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。