--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同日2頭出走も東西に分かれられては・・・

2013年05月15日 23:17

先週土曜はジンジャーミストが府中で未勝利に出走。
現地には行きませんでしたが初ダートで勝ち上がる見込みのあるレースを見せてくれたし、自信持って複勝を買い(←?)GCで応援してました。
しかしレースは勝負所でついて行けず、勝ち馬からだいぶ離された4着まで。
デビュー以来初の1番人気にもしてもらったのに、残念な結果に終わってしまいました。
ダートでこれでは勝ち上がれるかどうか・・・
今後は中2~3週で続戦とのこと。
お!6月7日は偶然にも東京行く日じゃないか。
どちらにしてもダート1400か1600の牝馬限定戦が組まれていますが、そうなれば当然中3週を希望です。好走してくれればどっちでも構わないですけど。

そのほかでは、アメリとローズノーブルが帰厩したようです。
で、2頭とも5月25日に出走を予定しているとのこと(!)
現地行くにもどちらかを選ばなきゃならんということですな。

馬体が大きく増えているらしいローズノーブルは混合の葉山特別に出走。
落とすと降級ですが、500万でもう一度勝てるのなら降級も悪くないかも。

アメリは同日京都の未勝利に出走。また混合の芝1400のようです。
そろそろ順番かなとも思いつつ、同じ条件だとまた掲示板止まりの不安もあります。
一世代上のグランシャルムのように、良血牝馬は好走していても地方に行かず引退の可能性もありますし、関西の未勝利はなるべく避けたいところではありますが、応援に行くとしたらこっちですか。

と思ったらアメリはまだ帰厩しておらず。
これから帰厩となると10日出走にも間に合わないんじゃないだろうか?

牡馬3頭が休んでいる間は牝馬3頭が盛り上げてくれそうです。
あとは結果・・・それが何より難しい。
スポンサーサイト

募集価格が出たのでWIN5やってみた

2013年05月12日 18:18

金曜日に社台の募集価格が出ました。
去年、一昨年と予算オーバーである5000万の馬に出資しているので、今年は見送るつもりでいましたが、気になっていた馬が思ったより安かったことで決意に迷いが生じます。
でもこれ以上は金使いたくはない。
それなら・・・馬券で増やすしかないですよね!(←危険)

とはいえ本命党の自分としては、いつもどおりに買い続けてもジリ貧なだけ
普段はやらない買い方で・・・となれば高配当狙い三連単かWIN5しかないです。
5月いっぱい買い続けて、一度でも当たれば馬代くらいにはなるでしょう。
一度も当たらなかったら出資はキッパリ諦めるってことで。

20130509

ウオッカのお告げも心強い(←無理やり)ですし、いざ三度目のWIN5挑戦。
↓結果(拡大してご覧ください)


20130512
WIN1→武さんありがとう(1頭勝負)。

WIN2→須田さん(昨日のコンシェルジュで推奨)ありがとう

WIN3→辻さん(2着馬推奨)の言うこと聞かなくてよかった。

WIN4→武さん勝ちすぎ(勝ち馬含め2、3着も持ってた)。

WIN5→なんとか粘りきってくれ!いやマジで


そんな訳でWIN5初的中となりました。
最後のVMでヴィルシーナが差されていたらどうなってたことか。
相当痺れた50分間でした。

しかし・・・配当を見てガッカリ
キャリーオーバーありで114,070円とは・・・
当たったはいいものの馬代(一応60万)には全然届かず。
この結果は全く予想していなかったので困惑しています。
出資するかどうかはとりあえず白紙ってことで。

なんとも不可解な騎乗で参るカップ

2013年05月06日 17:20

略してNHKマイルC!
・・・って、分かり辛いダジャレを言ってる場合でもないんですが。

2013NHKマイルC

日曜日はゴットフリートが再びG1に挑戦
マイルCに出走ということで府中に応援に行ってきました。

GW終盤ということもあり高速上りは混雑予報が出てたので、念のため深夜出発。
おかげでスイスイスーウィと走れて所要時間はいつもどおりでした。
いつもの流れをこなし、9R前にはパドックへ移動。

ゴットフリート

そして愛馬登場。
緑メンコの効果なのか、パドックではいい感じに歩いてるように見えました。
馬体重はプラス4キロで470キロ。
これは前回G1挑戦したFSの時と同じ体重です。

ゴットフリート

恒例の顔アップ。横顔です。
前走は大雨で撮影が大変だったんですが、この日は絶好の競馬日和で撮影も楽でした。
人気は5番目。成績からしてこんなもんでしょう。

クラブ馬を中心に、ライバルたちも何頭か。

ガイヤースヴェルト

斎藤厩舎2頭出しのもう1頭、サンデーのガイヤースヴェルトは一口仲間の方の愛馬。
できればゴットフリートに乗ってもらいたかったウィリアムズJを確保。

マイネルホウオウ

ラフィアンのマイネルホウオウ。彼も一口仲間の方の愛馬。
きんもくせい特別では先着できましたが、直結レース3着は侮れない実績。

フラムドグロワール

FSではゴットフリートと3、4着だった、シルクのフラムドグロワール。
関東の競馬場で御挨拶する機会の多い、一口仲間と言ってもいいような方の愛馬。

そんな訳で、周りはみんな知り合いの愛馬だらけという、人付き合いの少ない自分にとっては非常に珍しいレースとなりました。
愛馬は負けても、勝った仲間の愛馬を讃えるくらいでありたいもんです。

ゴットフリート

場所選びを失敗し、止まれで目の前はレッドアリオン。そりゃ東京の話ばっかり聞こえるわ。
やむを得ずズームで撮ったのがこれです。
そういえばアリオン出資者らしき人がゴットフリートと比べて良いみたいな話をしていましたが、人気も勢いも下のゴットフリートと比べてどうするのか。トップあたりと比べりゃいいのに。
400口クラブ同士でライバル意識でもあるのかな?

ゴットフリート

鞍上はNZTからセットで依頼している戸崎Jに託します。
前走や調教のことなど言いたいことはありますが、託す以上は最大限の期待を持って。
早目に騎手確保したのが裏目(デムーロ兄弟も残っていたので)に出た・・・などと言われないようなレースを見せてもらいたいもんです。
パドック後は取っていた席にダッシュで戻り、本馬場入場を待ちます。

ゴットフリート

今年最初の愛馬と聞く「Glory」
ほぼ確実に、春はここ1戦のみになります。
秋以降はどうなるか分からないですし、最後と思って出来る限り堪能しておこう。

ゴットフリート

早々に返し馬へ。
パスした皐月賞と、代わりに出走したNZTの鬱憤はここで晴らさせてもらう。
春の大目標レースである以上、そしてG1である以上、ここは必勝で!

ゴットフリート

しかし、レースではまた出遅れ
そのうえ最後方のまま追走し、大ケヤキの辺りで一気に上がっていったマイネルホウオウについて行くこともなく、そのまま4コーナーに
前走と同じような展開で、直線手前ながら既に絶望的な状況。

ゴットフリート

最後まで諦めないつもりで見てましたが、直線でも取る進路がことごとく塞がれモタモタしている間に残り1ハロンに。これでどうしろと言うのか・・・

ゴットフリート

結局、完全に脚を余したままこっち(ゴール前)まで来てしまい、11着の大敗。
上がりは5番目に速いので、進路が良ければ5着争いには食い込めていたはず。
とにかくガッカリです・・・

ゴットフリート

戻ってくるところ。
直線まで似たようなレースをした川須Jと戸崎Jですが、同じ腹を決めた騎乗でもここまで差がついてしまうとは思いもよらず。そもそもこうならない為に出られる皐月をパスしてNZTに出たのに、これでは何のためのトライアルだったのか分かりません。
期待が大きければ失望も大きいもんで、前に書いたとおり、もう戸崎Jには乗ってほしくありません。言いたくはありませんでしたが、早目の騎手確保が裏目に出てしまいましたね。

残念ながら、これでゴットフリートの3歳春は終わってしまいました。
理想では皐月賞に出るだけでも出てマイルCで勝負!と思っていましたが、それがマイルC一本になり、マイルCも見せ場すら作ることなく終わるというのは、おそらく想定していた中では最低のケースだと思います。
春3戦、無事に走れただけでも良しと思うしかないんでしょうか・・・

1200万で大きな夢が見れたのだから、と無理に自分を納得させるのは早計
関屋記念は来年でも構わないので、秋にはまた元気な姿を見せてもらいたいです。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。