--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう戻ってきました

2013年01月23日 21:54

全馬放牧状態になってから2週間、早くも愛馬2頭がトレセンに戻ってきたようです。

まずは再来週の共同通信杯を目指すゴットフリート。
こちらは予定どおり。デビューから順調すぎるほど順調
レースでの対戦相手も少しずつ分かってきました。気になったところでは、やはりマンボネフューとラウンドワールドでしょうね。

マンボネフューはベゴニア賞で唯一ロゴタイプに迫った実績があり、それもゴットフリートがFSでロゴタイプにつけられた着差よりも小さい1馬身半差でした。なので単純比較では負けてます
ラジニケ杯で不可解な負け方をしたラウンドワールドも怖い存在です。
彼は札幌2歳Sでコディーノと対戦し、1馬身4分の3差の2着。FSではゴットフリートに2馬身半差つけた馬相手なので、やはり単純比較では負けてるんですよね。

で、鞍上を託すことになったビュイックJですが、データだけ見ると今のところやや微妙。
スミヨンJに決まった時ほど大喜びとはいきませんな。
まだ1か月足らずなので、あくまで今のところはですが。

そもそも今年の牡馬クラシックにおいて、ゴットフリートはあまり注目されていないというのは間違いないようです。安い募集額で地味な血統だし、FSも離されたので仕方ないんでしょうけど。
であれば、常に挑戦者の立場でいられる強味があります。
10産G1の一番馬を負かすところを見てみたいもんですな。

次に、全然予定の読めないフレイムオブピースも帰厩。
てっきり2月中旬くらいまではGWにいると思って油断していたら、今週月曜にまさかの近況更新。まさか故障じゃないだろうな・・・と、おそるおそる覗いてみたら帰厩の情報だったもんで、違う意味で驚きましたよ。

次走予定も来週の白嶺Sに決まったそうです。またも得意の10日出走ですか。
いや・・・GWは維持費が安いので、むしろ助かってるのかも。

この仔が関東で走る場合はなるべく応援に行くつもりでいるので、共同通信杯と2週連続にはなりますが府中遠征をしようかと計画しています。
土曜のメインは本当に楽で、朝一で出発しても余裕で到着できるんですよね。翌日も休みなので帰りの時間も気にしなくていいし。
これが午前中のレースだと、朝4時頃出発しなきゃなかったりで大変なんですが。

ここには1年前に同じ府中ダート1600で対戦したヴィンテージイヤーも出走予定とのこと。
前回の対戦では500万だったのに、いやはや準オープンで再会することになるとは。
その時は大差をつけられましたが、今の本格化したフレイムなら引けはとらないはず。
いきなり勝てとは言いませんが、オープンを目指す上でガッカリはさせないでほしいです。
スポンサーサイト

珍しくトレセン入厩馬ゼロ

2013年01月09日 22:43

前の日記でも少し触れたんですが、先週の土曜はフレイムオブピースが1000万条件を一発でクリアしてくれました!
その年の愛馬初出走初勝利は、去年の日経新春杯に続き2年連続3度目。
といっても10年の初出走は3月中旬だったので、数に入れていいのか微妙ですが。

で、レースは道中思っていたより後ろの位置取りで、今日は気が向かないのかとヒヤヒヤしましたが、直線に入ってカメラが切り替わったら先頭との差は僅か。トゥザの中日新聞杯を思い出しました。
外から来たソルモンターレの勢いが良かったので一瞬焦るも、更に突き放して完勝でした。

前走だけでは半信半疑なところもあったんですが、二走続けて好走できたのは大きいです。
血統的にも古馬になって伸びそうなイメージですし。
一般的に稼ぎ所といわれる1000万を一度しか走れなかったのは少し残念ですけど、ここまで来たら降級とはいわずオープンまで駆け上がってもらいたいもんです。
そして最終的には交流重賞の常連に・・・と、まぁ幾らでも欲が出てくるもんですが、よく考えると11月の復帰戦から中2週が続き、3か月弱で4走してるんですよね。

そろそろひと息ってことなのかレース後GWに移動しました。
順調な場合は1回阪神の伊丹Sか甲南Sあたりが有力でしょうか。
中山なら応援にも近いけど・・・オープン入りまでは我慢します。

そんな訳で愛馬たちの近況を見てみると、珍しいことにトレセンにいる馬がゼロという状況に。
これって愛馬が増えた最近では結構珍しいことです。いつ以来振りか。

1回東京で復帰予定だったローズノーブルがもう少し時間掛かりそうとのことなので、最初にトレセンに移動するのはゴットフリートになりそうです。
共同通信杯までの日程を考えると、再来週くらいまでには移動でしょうか。

ということは今月はヒマです。馬名でも考えてようか・・・
注目度は低めですが何気に牡馬クラシック路線に乗っちゃった訳ですし、これから1か月はどんな馬が出てくるのか、例年以上に楽しみたいと思います。

今年の抱負というか目標

2013年01月06日 00:04

本来なら愛馬が走る前に書くべきなんですが、今年も例によってダラダラ寝正月を過ごしてしまったもんで、フレイムオブピースが走った後になっちゃいました。
愛馬ごとに1頭ずつ、今年はどうなってもらいたいか書いてみます。

性齢順にて

トゥザグローリー(牡6)
IMG_3764

最悪の場合は春全休でも構わないので、今年は復活のシーズンに。
日経賞の頃の走りを取り戻すことができれば・・・
今まで最も多くの勇気を貰ってきた愛馬。6歳ですがG1の夢はまだ終わっていない!

フレイムオブピース(牡4)
IMG_9362

今年の初出走初勝利をプレゼントしてくれました!詰めて使ってるんでひと休みもアリかなと。
体質が安定したからか本格化の兆し。ウォータクばりの快進撃も期待できるかも?
いずれにせよ稼げる時に稼いでおいて、今年中に回収ラインをクリアできれば大満足です。
オープンまで行くか特別で着を拾っていけば・・・今の勢いなら可能性はあると思います。

ローズノーブル(牝4)
ローズノーブル

この仔もオープンまで行ける素質はあると思うんですが、色々と注文の多いタイプのようで。
去年最後のレースが散々な内容で若干トーンダウン。まずは1000万に目処を立てられれば。
2勝しているのでクラス替えまでに勝てなかった場合、また500万で稼げればと。

ゴットフリート(牡3)
ゴットフリート

もちろん目標は皐月賞!自分としてはトゥザ以来2頭目のクラシック出走を目指してほしい。
父が抽選で出られなかった春二冠への出走が最大目標ですが、ダービーには拘ってません。
仮に夏以降マイル路線に進むなら、是非とも地元の関屋記念で見たいもんです。
出資として見れば回収はほぼ完了済みなので、あとは金貯めゲームです。

アメリ(牝3)
アメリ

最も頭を抱えているのがこの仔です。どうしたもんかと・・・
一度の大敗だけで芝がダメと決めるつもりはないし、最悪ダートで潰しは利くと思いますが、ここまで高い牝馬に出資することなんて滅多にないんだから、クラシックの夢は見たいです。
甘くはないでしょうが、ダートで2つ勝って桜花賞へ・・・なんて言うと怒られる?

ジンジャーミスト(牝3)
ジンジャーミスト

こちらもアメリと同じく期待してただけに、頭を抱えてしまってます。
この仔は2度続けて芝がダメだったので、ダートを試す時期が来てるのかな?と。
いくら何でも勝ち上がれないなんてことはないと思いますが、まずは1勝を。

ローズバド11(牝2)
ローズバド11

まずは良い名前を貰うことからですね。
小さめの馬体なので、沢山食って大きくなってもらいたい。
今年中に「The Rising Sun」を聴きたいですな。

レディパステル11(牝2)
同じく良い名前を。最近のロードは牝馬には冠名を入れてないので期待してます。
なにぶん初めてのクラブで分かりませんが、できればツアーなどで会ってきたいです。
頭おかしいと思われそうですが、ローズバドと同じレースでデビューするのが理想です。
血統の縁という意味で出資・・・どころか新たなクラブに入会までした訳ですし。

以上みんなで8頭。
さてさて、このうち何頭が期待に応えてくれるか。
まずは怪我などなく、全馬無事に過ごしてもらうことからですね。

有難いことに去年の未勝利引退馬は1頭もおらず、2歳馬2頭が増えただけでした。
上手くいけば今年もゼロかもしれません。

今後もクラブに良い馬が回ってくるとは限りませんし、無理できるうちにしておこうという事で、社台でここ2年続けて無理してきたので、12産への出資は見送る予定でいます。
今から半年以内に愛馬たちが100万くらい稼いでくれたら考えますけども。
頭数も増え続けてるし、外れ権利持ちのキャロットで1頭出資くらいにしておこうかと。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。