ゴットフリート連勝

2012年10月29日 17:18

前の日記とは時系列が逆になりますが、土曜はゴットフリートが出走しました。
レースは新潟の2歳500万、きんもくせい特別。
新馬とここを連勝すれば、去年の2歳チャンピオンと同じローテになります。

散々書いてますが、当日はラウドパークに参戦するため、さいたまスーパーアリーナに行ってまして、泣く泣く現地観戦は諦めていました。
15時過ぎにJRAのHPをチェックすると、なんと、勝ってるじゃないですか!
自分は抽選外れるタイプなんで、新潟にいても口取り確実ではなかったでしょうけども。
今回は後悔などはなく、どちらに行っても正解でした。それは他所で書きます。

今日初めてレースを見ましたが、後ろから凄い脚を使ってましたね。
ローエン産駒らしくないというか・・・この辺は偉大な母父の力かも。
2着に下したマイネルホウオウを物差しとして単純に考えると、あのラウンドワールドともそれほど差がないってことになります!あくまで単純にですが。

そして、これまた単純計算ですが、デビュー2戦で馬代取っちゃいました
差っ引かれる分と追加維持費等も考えると、まだまだ道のりは長いんですけどね。

ともあれ新馬→きんもくせい特別の連勝はアルフレードと同じ。
これで胸を張って、暮れのFSに向かうことができそうです。
今年は牝馬の勝ち馬は結構マメにチェックしてたんですが、牡馬はちょっと抜けてるところがありまして、これからライバルになりそうな馬たちをチェックしていこうかと思います。

トゥザが秋天ビリでも、ゴットフリートが救いになりました。
本当によくやってくれました。

天覧競馬にて

2012年10月29日 14:22

言葉を借りるようですが、今年の秋天は特別なレース
滅多にない天覧競馬の舞台に、愛馬トゥザグローリーも名を連ねることができました。
生憎の空模様でしたが、当然ながら競馬場は満員。

2012天皇賞(秋)

実は前日からいつもの駐車場に停めていたんですが、土曜日は別の用事でさいたまアリーナへ行ってまして、用事が済んだ深夜に府中までシート敷きに走っていきました。
開門ダッシュは第三陣ながら、場所は最前の結構いいポジションを確保。
激戦区だったので、念のため午後からずっと待機してました。

そんな訳で今回パドックはパス。
本馬場入場が始まると、何やらBGMがドラクエっぽい出だし・・・って!
「グレート・エクウス・マーチ」じゃないか!
今年の宝塚記念は「ザ・チャンピオン」でおおいに盛り上がり、今回は関東もですか。
愛馬の入場でこの曲が使われるのは初なので、感動もひとしおでしたよ。

カレンブラックヒル

トゥザは最後の入場なので、ほかの馬たちの返し馬を少しばかり。
まずは無敗の3歳馬カレンブラックヒル。

トランスワープ

トランスワープは7歳にして初のG1出走。口取り応募80人には驚きました。
出資者の方々も辛い時期が報われたことでしょう、

ルーラーシップ

ルーラーシップも参戦。珍しく(?)今年の秋は順調にきてますね。

トゥザグローリー

そして最後に愛馬登場!

トゥザグローリー

前日の輸送で事故渋滞に巻き込まれたようで、馬体重はマイナス16キロ。
休み明けの大幅マイナスは致命的。
それも仕上がり途上で不利な大外、シルポートが作るのはトゥザの苦手なハイペース。

トゥザグローリー

状況はもはや絶望的ですが、それでもレース前から白旗を上げることは決して無い!
オルフェがおらず本命不在。ならば一発狙って、さあ行ってこい!

2012天皇賞(秋)

両陛下もお見守りの中、国家斉唱。
ほかにも、復活した野間追の紹介などがありました。

トゥザグローリー

で、レースは去年に比べると上がりの速い展開に。
それならチャンスもあると思ったんですが、外に持ち出しても全く伸びず、万事休す。

トゥザグローリー

残念ながら、あとは撮るのみ。・・・いや、それにしても後ろ過ぎるような。
まさか、ビリってことはないだろうな?

トゥザグローリー

残念ながら、そのまさかでした。
トランスワープに4馬身も離されてシンガリ負け。
撮影は被されることなく上手くいきましたが、全然嬉しくない。

トゥザグローリー

戻ってくるところ。
悪条件が重なる中でも、最後までよく走り切ってくれました。
天覧競馬のビリも1頭しかいないんだし・・・と、無理やり前向きに考えるとします。

デムーロJ

そして本日の主役、エイシンフラッシュとデムーロJ。
両陛下に最敬礼した時の、場内の歓声も凄かったです。

震災直後のドバイワールドCをヴィクトワールピサで制し、日本中に勇気を与えてくれた騎手と、日本のダービー馬とのコンビ。悔しいですが、彼らが天覧競馬の勝者に最も相応しいと思います。
こんな歴史的な場面に立ち会えたことは自慢になりますね。

前日の疲れもあったので、レース後は早々に帰宅。
帰り道の関越道で、競走馬ではなく「競技馬輸送中」と書かれたトラックを見ました。
もしかしたら野間追の馬を輸送していた?調べたら、北関東道経由なら有り得るかも。

愛馬の地元出走を見られない・・・

2012年10月25日 21:13

今週は愛馬2頭が出走。
同一週に2頭出走は去年のJCウィーク以来という珍しいもの。

まずは土曜日、ゴットフリートが新潟のきんもくせい特別に出走します。
オープン出走組もいるし、相手関係は分かんないですね。
少なくともダンツクロノスが萩Sに回ってくれたのは助かりました。

そんな時に限って!!

地元で愛馬が走るにも関わらず、実は当日は関東へ・・・
ずっと前から決まってた用事なので仕方ないんですけども。それも遊びだし。
という訳で、ちょっと残念ですが当日は遠征先から声援を送ります。

翌日は天覧競馬となる秋天。トゥザが出走します。
言わずもがなですが、こちらには現地で観戦予定。開門ダッシュ必至です。

仕上がり途上でルーラー、ジョーダン、ダークシャドウあたりを一度にまとめて負かすのは難しいと思うし、枠順も最悪といえる大外18番。なんてこった・・・
それでも白旗は上げません。トゥザの才能と岩田Jを信じます。


最新記事