--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛馬2頭に会ってきた

2012年08月25日 23:20

今週は休みが取れたので、車で天栄まで行ってきました。
前日に車の電気系統が故障するアクシデントがありましたが、行きつけの車屋に駆け込んで直してもらい、何とか遠征に漕ぎつけました。

ローズノーブル

見せていただいた愛馬は2頭(ジンジャーは前日に移動)。
まずは6月に初勝利を挙げたローズノーブル。
レース以外で会うのはこれで2度目です。

ローズノーブル

顔アップ。
パドックより撮りやすい(←当然ですが)。

ローズノーブル

レースでも鞍上の指示によく従ってるだけあって、大人しくていい仔でした。
500万も突破目指して頑張るんだぞ。

ゴットフリート

続きましては2歳馬ゴットフリート。
この仔とは感動の初対面です。

ゴットフリート

01年のデビューから追いかけてきたローエングリンの産駒だけに、思い入れは強いです。
綺麗な栗毛の馬体は父そっくり。

ゴットフリート

顔アップ・・・って、近すぎた
これが愛馬見学の醍醐味でもあるんですども。

ゴットフリート

距離はマイル辺りがよいのでは、とのこと。
父が輝いたマイルの舞台で活躍できれば最高ですね。
くれぐれも、クジ運の悪さは受け継がないよう頼むよ。

で、後になって気付いたんですが・・・
実は当日(23日)にはアメリも移動して来ていたのだとか。
なんだとー!!あの中にいたんですか^^;
翌日にはNFしがらきに移動してしまったようなので、かなりのタイミングだったようです。
まぁ、中継地でひと休みしている仔の邪魔はしたくないし、2日前までに連絡しないとダメなルールですから、ここは会えなくても仕方ないですな。

ともあれ楽しい福島遠征でした。
親切にしてくださったスタッフの皆さんには感謝。
道中で食べた会津ラーメンも美味かったです。
スポンサーサイト

これで見納め

2012年08月19日 16:17

札幌記念は2年振りの出走となったロジユニヴァースが話題を独占。
自分もそう思ってましたが、もうひとつ忘れちゃいけないことを発見。
ギリギリで気付けたのはネットのお陰です。

このレースで引退となるアクシオン。
彼が現役最後のサンデーサイレンス産駒だったんですね。
日本競馬の歴史を変えた大種牡馬の産駒も、今日で見納め。
奇しくも10年前の今日は、そのSSが亡くなった日でもあります。

という訳でアクシオンの激走を期待しましたが、全盛期の力は見られずブービー負け。
まぁ元々当てる気で買ってなかったんで構いませんが。

もう馬柱の父欄に「サンデーサイレンス」が見られなくなると思うと寂しいですね。
これからは世界中に拡がっていくSS系を見守っていてもらいたいです。
改めてお疲れさま、サンデーサイレンス。
種牡馬時代だけでしたが、間違いなく日本競馬の誇りです。

広尾の自作ドラマが非常に秀逸

2012年08月18日 20:38

広尾はクラブでドラマを制作しているのだそうな。
合田さんや二ノ宮先生のツイッターをフォローしているので、そこで知りました。
それほど見ようとは思ってなかったんですが、時間があったので見てみました。
ちなみに、いきなりシーズン最終話でしたが。

タイトルは「1/400の想い」
いいタイトルですね。一口は出資者の数が多いほど沢山の保護者に見守られている訳で、そんな所が上手く表現されていると勝手に解釈。
しかしどうしても自分は、1/3の純情な感情に見えて仕方ない。
るろ剣世代なもんで。実写で映画化ってどうなんでしょうね。

ドラマは全編にわたって見覚えのあるような雰囲気。
どうも交通安全の講習で流れるビデオみたいなんですよね。
あの再現ドラマみたいなやつ。

それから、出資者たちが愛馬のレースを現地で応援するシーンがあったんですが、開催していない日の競馬場を使ったのか、周囲に人が全くいないんですよ。
それどころか、後ろのスタンドにも誰もいない。どんな競馬場だよ!と。
ここまで来ると、むしろ清々しい気さえします。
どっかの映画みたいに、カルト的な支持を受けてもいいんじゃないかと。

とはいえ、いちクラブがドラマを作るなんて大変なことでしょうし、いい試みだと思います。
出演されている、二ノ宮先生や合田さんの演技も見どころです。
ただ正直なところ、これで会員が増えるとはあんまり思えなんですけどね。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。