--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染め分け帽は難しい

2012年07月22日 19:49

アイビスSD当日は、他にも用事があって早めに競馬場に行ってました。
とはいえ地元なので、朝はゆっくり起きれましたけど。

しかし余裕持ちすぎだったか、入り口で結構混雑して、到着は2Rのパドック終わり頃。
止まれの合図とほぼ同時に一口仲間の方々と合流することに。
お土産貰ってばかりなのは申し訳ない限りです。

で、メインまではゆっくりと、皆様の愛馬を撮影などを。

ブルーナボーニャ

まずはキャロットのブルーナボーニャ。
同馬主のリードホイッスルが同枠に入ってしまい、とても見辛いレースに。
そして直線で・・・

リードホイッスル

見事に間違えるのが私です。
2分の1での弱さだけが際立った結果に。
そんな訳で、レースはリードホイッスル・カメラになりました。
まぁ、これはこれでアリってことにしておいてください^^;

昼飯食ったりトゥザの近親を応援したりしつつ、勝負レースは8R。
ここは愛馬対決だったようです。

フィンデルムンド

サンデーのフィンデルムンドと

ヴェイグストーリー

社台のヴェイグストーリーがその2頭。

フィンデルムンド

返し馬。ムンドはアンカツJですか。
自分はまだ一度も愛馬に乗ってもらったことがありません。

ヴェイグストーリー

ヴェイグは地元出身の村田Jが手綱をとります。

ヴェイグストーリー

レースは直線だけ。
ヴェイグは3着争いを競り勝ち、ムンドは2番目の上がりで6着でした。
2頭ともお疲れさま、でいいのかな?
スポンサーサイト

今年もアイビスSDに行ってきた

2012年07月22日 18:57

さて、今年も夏の新潟開催が始まりました!
・・・って、先週から始まってますね^^;
開幕週恒例のアイビスSDが1週ズレただけで、何となく感覚が狂っちゃいます。

夏休みも始まったことだし、遠方の人も家族連れで見に来てはいかが?
競馬場では・・・

オースミグラスワン

オースミグラスワン

スーパージーン

スーパージーン
など
過去に新潟を沸かせた馬たちがお出迎えしてくれます(^o^)/

今年のSD出走メンバーたち(一部だけ)。

ビウイッチアス

1番人気は3歳牝馬、51キロのビウイッチアスでした。
最近は牝馬が圧倒的に強いですからね。

パドトロワ

去年スプリンターズS2着馬のパドトロワも参戦。

オウケンサクラ

昔はクラシックで活躍していたオウケンサクラ。
去年の秋は1800の福島記念で、今年は直線1000で来てくれました。

アフォード

本命にしたアフォード。
このレースだけは、直線競馬に命を懸けているような馬に勝って欲しいのです!

スプラッシュエンド

そして夏といえば、新潟に別荘を持っているヨシトミJ。
今年はスプラッシュエンドと参戦してくれました。

大失敗だったのが、エーシンヴァーゴウの撮影失敗
気が付いたら目の前を通り過ぎてまして・・・間に合いませんでした。

2012アイビスSD

で、撮影場所はいつもの所です。
肝心のゴール前は撮れませんが、空いている割には撮りやすい場所なんです。
府中の1コーナーみたいな感じですな。

2012アイビスSD

ハクサンムーンがぶっ飛ばして行きました。

2012アイビスSD

お、続いてエーシンヴァーゴウとパドトロワが。
あとは離れてしまっている?
そろそろ目の前に来ます。そして一瞬で過ぎ去っていきます。

2012アイビスSD

・・・あ!エーシンダックマン忘れてた。
当然ピントなど合うわけがなく^^;

勝ったのはパドトロワでした。2着がエーシンダックマン。
本命アフォードは9着でした・・・残念ですが、また来年も来るのだよ。
対抗にしたエーシンヴァーゴウの複勝が意外とついてて救われました。

2012-07-22 18.12.12

・・・っても遊び程度の馬券でしたけど^^;

そういえば今日の札幌6Rの新馬(写真左上)を勝ったのは、フェアリードール一族のヴェルデホでした。
母はトゥザグローリーの1つ上の全姉ディナシー。
冠名のないダノックスというのは、かなり期待されている証拠?
代替馬か何かでしょうか?
よく分かりませんが、この一族なら応援必至です。

前走ビリから巻き返し

2012年07月21日 23:25

今日はフレイムオブピースが小樽特別に出走しました。
9月ツアーをパスして、愛馬見学もセットにして遠征というのも少し考えましたが、6月からの疲れが若干残っていたので大事を取って自宅観戦で。

初の芝レース。馬体的にはダート向きかなと思ってはいましたが、勝ち上がり以降のダート3戦の内容が微妙(前走なんてビリ)な結果だったので、何か変えてみる必要もあるでしょう。
母系だけ見れば芝で走っても何ら不思議ではないですし。

で、走ってみたらビックリ!行きっぷりはダート以上でした。
直線では外の馬に寄られた感じに見えましたけど、頑張って3番手を死守。
最後は思わず叫んでました。
3着と4着では万単位で賞金が違ってきますから、これは大事です。
久々に本来の力を見せてくれた気がしました。

開幕週で内有利なのもあったでしょうが、芝適性も確認でき収穫の多いレースでした。
これならまだまだ稼いでくれそうですな。
理想としては何戦か2~3着で稼ぎ、来年の春までに勝ち上がってほしいです。

調子に乗って中2週のインディアTに・・・と思いましたが、また骨りゅうが出てきたので次走はいつになるか分からなそうです。この厩舎なら使うかもしれませんけども。
8月最終週にも同条件の平場がありますし、使うならどちらかでしょうか。

フレイムも牧場に戻されるということで、珍しいことに在厩馬ゼロになりました。
こんな感じで↓

<天栄>
ローズノーブル、ゴットフリート、ジンジャーミスト

<社台F>
フレイムオブピース

<早来>
トゥザグローリー、アメリ

この状況は、自分に天栄に行け!と言っている?
キャロットの2歳勢とは、まだ一度も会っていないし。
いやいや、夏バテ気味で遠征は控えているのですが・・・
アメリは公式にも秋デビューとなってましたが、ツアーまで早来にいるんでしょうか。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。