完成の秋!ではありますが

2011年10月27日 19:58

やっぱり仕上がりきらなかったトゥザでした・・・
去年の秋もなかなか仕上がらなかったんで、少し不安ではあったんですけども。

以前から完成するのは4歳秋といわれてきて、涼しくもなったんだから休み明けでも期待できる!と考えていましたが、このメンバー相手に仕上がり途上では厳しいレースになりそう。
そのうえ大外枠になっちゃいましたしね。
まずは人気以上、目標は掲示板くらいですかね。

逆に、これだけマイナス要素が揃ってる中、勝ち負けまでもっていければ相当力をつけている証拠。
プレッシャーもないし、完成したトゥザのお手並み拝見といきましょう。
あと個人的に、ライバルペルーサには先着したい(←またか)


そして秋天の前日には、愛馬ローズノーブルのデビュー戦です。
牝馬限定戦とはいえ、時期が時期だけに結構な血統馬が揃っちゃいました。
エリザベスローズの仔、ショウリュウムーンの半妹などがいます。
古賀先生のトーンもいまいち上がってきませんが、できれば一発クリアも・・・
デビュー前くらいは希望を持って応援してきたいと思います!

名馬たちに会ってきた 第32回 ヒシミラクル

2011年10月22日 00:44

今週は菊花賞ということで、02年の勝ち馬ヒシミラクルです。
人気薄で3度も起こしたミラクル。本命党泣かせの名馬でした。
自分も何度泣かされたことか・・・

IMG_2945

父 サッカーボーイ
母 シュンサクヨシコ (母父 シェイディハイツ)
戦績 28戦6勝
宝塚記念①、天皇賞(春)①、菊花賞①

2歳の夏に早々とデビューするも全く勝ち上がれず、10戦目の中京で初勝利。
その裏では、同期がダービー馬を走ってました。
2勝目を挙げたのは宝塚記念の週。この時点では、まさか翌年の宝塚の勝ち馬がいようとは誰も思っていなかったでしょう。
夏も休みなく使われて、野分特別で古馬相手に1000万勝ち。一応、上がり馬ということで神戸新聞杯に挑みますが、春の実績馬シンボリクリスエス、ノーリーズン以下に歯が立たず7着に敗退。

IMG_2942

10番人気と低評価で迎えた菊花賞、ここで最初のミラクルを起こします。
オカルトの類ですが、02年は日本でサッカーのワールドカップが開催され、それにちなんでサッカーボーイ産駒が大ブレイクしていた年でした。
前年から引き続き活躍中のナリタトップロードをはじめ、ラジオたんぱ賞勝ちのカッツミー。そして春はクラシック候補といわれていたブルーイレヴンなどがそうです。
こちらもサッカーボーイ産駒で気にしてはいましたが、まさかここを勝つってことはないだろと思って外してしまうも・・・
このレースは有名で、1番人気ノーリーズンがスタート直後に落馬。ダイタクフラッグの有り得ないペースでの大逃げと早期離脱。本命にしていたローエングリンも4コーナーで沈んでいく中、ミラクルが押して押して大外から抜け出してきました。こりゃもうダメだと思ったところ・・・・
何とファストタテヤマまで突っ込んできました!
大荒れの結果で三連複は34万馬券となりました。こんなレース無理です。

IMG_2948

その後はクラシックホースとして古馬に挑戦しますが、有馬記念、阪神大賞典と大敗し、連闘までした大阪杯でも掲示板を外し菊花賞馬の名は地に落ちたかと思われました。
しかし奇跡はまた起こります。
大外から先頭に立ち、またしても人気薄のサンライズジェガーを引き連れてGⅠ2勝目。
もはや本命党からは大ブーイングだったことでしょう。自分もですが^^;

続いて宝塚記念。年度代表馬シンボリクリスエスの復帰、二冠馬ネオユニヴァースの参戦と注目馬が多く、メンバーの軽かった春天組は軽視されていました。長距離砲というイメージもありましたし。
しかし、土曜午前で1番人気。単勝に1000万以上の大口が投じられたとのことでしたが、レースが近づくにつれその効果も薄れ、順当な6番人気となりました。
もうここだけは絶対にない!と思って切りましたが、まさかの三度目のミラクル。
ついでに人気を落としていたツルマルボーイを連れてくるという。
ここは応援していたツルマルボーイを買っていただけに痛恨でした。馬券の相性は最悪でしたね。

秋は中距離も視野に入れていましたが、復帰初戦を2着した後故障発生。
1年のブランクの後、復帰しますが目立った成績を挙げることなく、翌年6歳の春天の後に故障を再発して引退となりました。

IMG_2943

写真はレックススタッドにて。
繁殖入り後はその競走成績よりも、地味な血統のイメージが災いしてか、満足な頭数を集めることができずに10年シーズンを最後に種牡馬を引退してしまったようです。
残念ですが、これからも元気でいてほしいもんです。
ちなみに自分が応援していたローエングリンとは、出走するレースがあまり重ならないにも関わらず、何故かライバル関係であったような印象が残ってます。
たぶん馬なりの影響でしょうけど^^;

09産もデビューが近づいてきました

2011年10月20日 23:53

自分としてはほぼ満点の結果と思っていた昨年の馬選び、途中でトゥザハピネスの未出走引退という悲劇はありましたが、他の2頭は無事にデビューを迎えようとしています。

まずはローズノーブル。
8月にデビュー予定でしたが、一旦放牧。
立て直して来週府中でのデビューと相成りました。
はて来週の府中・・・って、秋天の週じゃないか!
土曜と日曜で分かれてはいますが、元々トゥザの応援で行く予定の週でした。
どの愛馬も、デビュー戦は行ける限り現地で見届けたいので、これは思いがけぬ幸運。

鞍上は横典Jということで、こちらも安心。
辛口コメントが気にはなりますが、当歳時から見てきてる仔なので、結果抜きに応援したいです。
新馬の馬場入場では、カメラ片手にまた泣きそうになるんだろうな^^;

次にフレイムオブピース。
先週栗東に入厩し、今週はゲートを一発でクリア。
フワフワしたり馬っけ出したりと忙しいですが、遅生まれにしては順調な過程だと思います。

最後にトゥザ。
先週まではトーセンレーヴと、今週はトーセンジョーダンと併せてます。
どうやらトーセンと縁があるのかも?
先週までは、どうなんだ?という感じで不安でしたが、一週前追い切りで格段に良くなったようです。

それから、08産の第一で外れたアフロディーテが、先々週のレース後に亡くなったそうです。
未勝利、未出走で終わるのも辛いですが、こういう終わり方が一番キツイかも・・・
ご冥福をお祈りします。


最新記事