--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経賞はイケメンコンビで

2011年03月31日 23:48

昨日ふと思い出したんですが、トゥザの京都記念のゼッケンプレゼントの応募忘れてました・・
そういえば京都記念では口取りの応募も忘れてたし、このレースに関しては色々と忘れっぱなしです^^;

今週は日経賞。JC馬ローズキングダムと、ライバル(←と勝手に思ってる)ペルーサとの再戦がとても楽しみです。
当たるかは分かりませんが、一応口取りの応募もしておきました。

このレースはあくまで春天のプレップとしての位置づけだと思っているので、負けたとしても内容が伴っていれば悲観はしないつもりでいます。ただし1キロ重いキングダムに負けたら言い訳ができず、ペルーサにも負けなくない。となるとやっぱり1着がいいですね^^;
ギャロップではトゥザが一番印を集めてましたし、期待度はこのメンバーの中でもトップです。
あと親バカ丸出しですが、ギャロップの写真がイケメンでした。カメラの角度もいいですね。
500万以来1年振りとなる福永Jが鞍上とのことで、イケメンコンビ再結成です。
調教ではメンコを外して走ってたので、レースでも外すかも??

IMG_3524

ちなみに外すとこんな顔です。(2歳秋のもの)


最近は外国人騎手で結果を出してきただけに、正直言って日本人騎手に戻るのは若干不安があります。
ただ、この乗り替りに際して福永Jは「どんな日程でも乗る」とまで言ってくれたとのこと。関西リーディングクラスの騎手にここまで言われるのは嬉しい限りです!不安を払拭してお釣りが出るくらいの騎乗に期待。
スポンサーサイト

アンビリーバブル!日本馬ワンツー

2011年03月27日 04:09

ヴィクトワールピサとトランセンドが、ドバイワールドCでやってくれました!
日本馬ワンツーです!!

凱旋門賞かドバイワールドCを日本馬が制するところ、自分が生きているうちに1度は見ておきたかったその光景を、こんなにも早く、それもリアルタイムで見届けることができて感無量です。
何度も「途中で寝ちゃってて、今は夢の中なのか?」と自問しましたが、間違いなく現実でした^^;

直線の自分の心境

400メートル
「2頭どこまで粘れるか、ブエナも突っ込んで来い」

200メートル
「このまま!はよゴール来い!」

100メートル
「こりゃ勝てるぞ!」

50メートル
「ギャーー!!」

・・といった感じでした。近所迷惑も甚だしい(笑)
デムーロJの涙も感動的でしたね。

このレースには今までにも、当時の日本を代表する名馬たちが何頭も挑んできました。
ホクトベガも、アドマイヤドンも、カネヒキリも、ヴァーミリアンですら届かなかったこのレース。トゥザヴィクトリーが2着に入ってはいますが、他は尽く世界の壁にはじき返されてきました。
戦争の影響で出られなかったゴールドアリュールもいたし、最大のチャンスだと思っていたクロフネは直前で無念の引退・・などということもありました。
本当に毎年応援し続けてきて良かったです(^o^)/
大きな勇気を貰いました。愛馬のレース以外では人生で1番感動したレースかも。

それにヴィクトワもトランセンドも日本産馬。日本の馬は強いということも改めて世界中に見せ付けることができました。
勝ったヴィクトワに至っては父内国産。SSが日本に来てから約20年、日本の血統を塗り替えて、「SSはアレが苦手」とか「SSの弱点はこれ」などと言われると、それを必ず打ち破るというのがSSの凄いところです。直仔の代では成し得られなかった世界最高のレースの勝利すらも、SS系にとっては打ち破るべきものだったようです。

ブエナも今日はノーレースとのことですが、2年連続遠征お疲れさまでした。
レーザーバレットもルーラーも、残念ではありましたが無事に帰ってきてください。
来年はうちの仔が日本馬連覇を狙います!・・と強気なことを言ってみる^^;

いつもに増して雑な日記になりましたが、最後もパクリで終わります。

This is unblieveble!!!!

明日は夜更かし必至

2011年03月26日 01:49

日本時間で明日の深夜、我らの日本代表たちが世界を舞台に走ります。
2011ドバイミーティング。今年は特にワールドCに気合の入った精鋭たちが挑みます。

まずは現役最強馬ブエナさん。

IMG_6640

昨年はSCに出走して僅差の2着。差し損ねでの惜しいものでした。
実力は牝馬の枠を大きく超え、既に日本競馬の歴史上でも屈指の馬といえるでしょう。ベストパフォーマンスを見せることができれば世界一にもなれると思います。
ブエナ出走レースで自分が現地観戦したのは札幌記念、秋華賞、有馬記念の3レース。
その全てが差し損ねや降着のレースであり、もはや疫病神みたいな存在です
今回は行かないので思う存分力を発揮してきてください^^;

次に「最強世代」の有馬記念馬ヴィクトワ。

IMG_4386

前走の中山記念が一番強いレースだったと思います。中距離ならブエナをも凌ぐ力を付けてきているのかもしれません。早熟なんてとんでもありませんでした。
同期の代表として、最強世代を証明してきてくれ!
来年こそはうちの仔が。

そして現時点での日本ダート路線の代表といえばトランセンド。

IMG_1880

JCD、フェブラリーの連勝は見事。

このように今年は、芝の最強馬とダートの最強馬が同時出走し磐石の構えです。
脚質も様々で、どんな展開になっても1頭以上は力を出し切れると思います。
ドバイのAWは去年ディザイアやグロリアスノアが好走しており、芝ダートどちらが得意でも走れるコースだと証明されましたし、これなら勝機も十分あります。

ただしそれはヨーロッパの馬にも言えること。チャンピオンS連覇のトゥワイスオーヴァーとアイルランドチャンピオンSのケープブランコが出走してきます。昨年4着だったジオポンティも含め、かなり厳しいメンバーになるのではないかと思います。
それでもこの3頭なら・・と期待せずにはいられません。

次にSC。ここには同じく最強世代の1頭、ルーラーが出走。

IMG_4370

楽観的かもしれませんが、メンバーを見る限り勝てそうな気がします。
以前からSCは参戦馬の多くが好走してきたし、ひょっとしたら最もチャンスの大きいのはこのレースかもしれません。去年から芝コースが長くなったのもプラスに働くはず。

最後にレーザーバレットが出走するUAEダービー(写真なし)
相手関係は全く分かりませんが、フラムドパシオン以上の成績を期待。まずは日本馬1番手としての大役を果たしてほしいもんです。


いつもは厄介な相手(特に芝路線の3頭)ですが、今は日本中が味方です。
日本競馬の誇りに懸けて頑張ってこい!
遠く日本から声援を送ります。近所迷惑には注意しないと(笑)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。