名馬たちに会ってきた 第17回 メイショウドトウ

2010年11月30日 22:55

前回はオペラオーの記事を書いたので、次は必然的にメイショウドトウです。
GⅠは1勝も2着が5回という、ある意味凄い成績を残した近年を代表するシルバーコレクターです。

IMG_2109

父 Bigstone
母 プリンセスリーマ (母父 Affirmed)
戦績 27戦10勝
宝塚記念①、日経賞①、金鯱賞①、オールカマー①、中京記念①

彼には上記の成績では伝えられない凄さがある(笑)

IMG_2610

父は日本ではマイナーなBigstone。
3歳春は目立ちませんでしたが、秋に力をつけて4歳では宝塚記念に挑戦。
そこで生涯のライバル、オペラオーと出会います。
以降はGⅠ5戦を含み、古馬中長路線の王道を進み、2001年春天まで全てオペラオーにだけ敗れ続けます。つまりオペラオーがいなければ、代わりにドトウがGⅠ6勝馬になっていたかもしれません。
GⅠの1、2着を1年間もたった2頭の馬で独占し続けるというのは、市場では見かけても競馬の世界では滅多にお目にかかれないことだと思います。自分のリアルタイムではこの時代だけです。

IMG_2616

そして2001年の宝塚記念にて悲願を達成します。
果敢に先行し直線で逃げるホットシークレットを交わすと、包まれたオペラオーが遅れて突っ込んでくるのを尻目にゴール。やっとの思いで掴んだGⅠタイトルでした。
ここでは馬券で大勝負していて、オペラ-ドトウの馬連1点に全財産をぶち込んだのを覚えてます。
まぁ当時は学生だったので5万くらいですけど、とんでもないスリルでした(←危険)
王者交代を目論むも5歳秋は一度も勝てず、最後の有馬でオペラオーに先着(4着)して引退。現役時代の関係を考慮してか、引退式も2頭同時に行われました。

IMG_2612

写真はイーストスタッドにて。
これもオペラオーと同じように、種牡馬入り後は大変苦戦しています。
2010年産には産駒ゼロになってしまったようです・・
そんな状況の中で、シャインが重賞2着でダービーまで駒を進めました。
そして彼の鞍上には、かつてのライバルの主戦を務めた和田Jが!
窮地のドトウを救う存在になれるか。今後も続いてほしいコンビです。

1年前のナリタキングロード

2010年11月29日 23:34

先週のレース回顧その2・・といいつつ写真メインです^^;
土曜京都6Rは馬名を見た時に一瞬、ナリタキングオーかと思いました(笑)
血統見たら更にビックリ!勝ち馬ナリタキングロードには1歳の時に会ってます。

IMG_2506

写真は某ツアーの鮫川牧場にて。
ありがたいことに場長の鮫川さんのご厚意で、育成中のオースミハルカの仔を見せていただきまして、その時の兄のほうが、のちのナリタキングロードでした。元気に育ってくれたみたいです(^o^)/
ハルカの写真の時にも1枚載せましたが、今回はデビュー勝ち記念ということで大量に(笑)

IMG_2508

ローズバドの半弟ローザアルラヴィス、ウオッカの全妹セレブリティと良血が集まりましが・・

IMG_2510

そこをきっちり差し切りました。
今年の牡馬クラシックは愛馬もいないので、プルスウルトラとこの仔を応援しよう!

IMG_2513

さあ、これからこの写真の価値をドンドン上げてくれ(笑)
というのは冗談としても、この偶然も何かの縁(←よく言ってますが)
トップロードの次はキングロード?クラシック目指して頑張れ!

一族カラーに染まらずJC馬に

2010年11月28日 21:44

まずはJCの反省会から・・
もう毎度のことですが、本命飛ばしてます(笑)
フェスタはどうしちゃったのか。外からいい感じで上がってきてたんですけどね。
ちなみに予想日記のほうではヴィクトワを切ってますが、当日のあまりの人気の無さに買い足しました。
この辺が初志貫徹できてないところです^^;
しかし・・1~3着まで全部買ってて負けるのは悔しいですね。
ここでボックスにできないところが勝負弱さなのかも(笑)

そして今年の3歳は、やっぱり強い!伊達に過去最高のダービーを走ったわけじゃない。
ペルーサは出遅れながら5着だし、ヴィクトワも思ったより成長力があったみたいで。
特にキングダム。菊花賞の回顧では大変失礼しました。
「これでGⅠ2着3回目か。この一族らしいな」と思っていた矢先の着順入れ替えで戴冠。
一族初のGⅠタイトルをもたらした仔は、遂に日本最高のタイトルまでもたらしました!
キンカメ産駒の同期をもつ身としては、随分差をつけられたなぁ・・といった感じです。

行儀の悪い走りで降着はしたものの、ブエナも強いレースでした。
惜しくも秋三冠は逃しましたが、いずれはウォッカだのスカーレットだので争ってるのが馬鹿らしくなるくらいの名牝になるかもしれません。「七冠の呪い」を解くのは案外ブエナだったりして。

ちなみに馬券は最終で少しだけ取り返しました。
ステイツマンシップで問題ないだろうと思って複勝を厚めに買っておいて助かった・・
エルコン好きの自分へのプレゼントと受け取っておきます。


最新記事