--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15産愛馬の馬名決まる

2017年03月05日 12:25

金曜日に社台サンデーの馬名が発表されました。
これで自分の15産愛馬2頭の馬名は全て揃ったことになります。
個人的な感想と合わせて書きます。

まずは先に決まっていたキャロットから。

イルーシヴグレイス(イルーシヴウェーヴ)
「言葉では言い表せないほどの人を引きつける魅力」とのこと。
シンプルだけど響きが良く、牝馬らしい美しい名前です。
さすがにキャロットはセンスありますね。


続いて社台。

エストスペリオル(メイキアシー)
ラテン語で「優れいている」だそうです。
兄名からということはブラヴィッシモから連想でしょう。
初見、何となく微妙な感じに見えたのですが、一覧で見てみると悪くない。
問題は呼び方。正直、フルネームは発音しづらい気がします。
「エススぺ」もいまいち発音しづらいし、もう「スぺ」でいいんじゃないかな?
活躍できたらスぺ最強で
スポンサーサイト

馬名決まる前に本州移動

2017年03月01日 23:04

先月13日なのでもう半月以上前の話なのですが、愛馬メイキアシー15が社台ファームから山元TCへ移動しました。

更新の少ない月曜日、偶然ホームページを開いてみると、当日更新の赤文字が!
こんな時期に更新、まさか故障?と、恐る恐る愛馬のページを開いてみると・・・
まさかの馬名決定前の移動、これにはビックリです。

他にも関西馬が何頭か早期移動しているようで、牧場の方針なんでしょう。
これといって進んでいる組でもなかったし、選ばれた基準は分かりません。

デビューはムーアJが来る11月だと思っているのですが、早まったりするんでしょうかね?
ともあれ楽しみになってきました。

今年もシルクは0頭

2016年11月03日 14:52

先日、15産シルクの募集結果が出てました。

申し込んだのはメジロフランシス15のみ。
当然ながら一次満口以上の申し込みがあり、実績勝負になりました。
なんと実績ボーダーが300万!
実績34万のシルクでは全く相手にならないだろうと初めから思ってはいたのですが、想像以上に相手になっていませんでした。皆どれだけつぎ込んでるのかと。

こうなると抽選枠頼み。
しかし自分が当たることなどまずなく、あえなく落選となりました。

これで15産愛馬は
メイキアシー15
イルーシヴウェーヴ15
堀ディープ2頭で確定しました。
牡牝1頭ずつ、社台F産とNF産と分かれていてバランスも取れている感じ。

シルクは2年連続で出資なしとなり、このままだと2年半後には退会かもしれません。
もともとロゼリーナのために入会したクラブだし、それも悪くないとは思っていますが。

イルーシヴウェーヴ15に出資決定

2016年09月22日 18:46

先週は15産キャロットの募集結果が出ました。

自分はイルーシヴウェーヴ1頭のみ申し込み。
最優先は全員出資可能ということで、バツ2を有効に使うことなく決まりました。

これで、社台に続いてキャロットも堀厩舎のディープ産駒が愛馬になりました。
同世代に同厩2頭というのは初です。
場合によっては愛馬同士の併せ馬とかもあるのだろうか?

さて、これで来年のキャロットはバツ取りになりそうですな。

2016社台ツアー(秋)に行ってきた(3/3)

2016年09月18日 01:17

先週行ってきた社台ツアーの記事です。
ここでは15産愛馬、メイキアシー15のことだけ書いていきます。

メイキアシー

6月ツアーには行っていないので、今回が初対面でした

メイキアシー

社台ファーム1歳馬は4コマあって、関東牡馬のこの仔は1コマ目。
到着したら既に出迎えてくれていたので、他馬には目もくれず真っ先に向かいます。

メイキアシー

ちょっと皮膚が荒れてました。
担当の方によると、連日の大雨で皮膚炎になってしまったとのこと。
そういえば北海道は台風の影響で、ツアー直前まで記録的豪雨でした。

メイキアシー

現在の馬体重は395キロ。募集時から33キロ増えたものの、まだまだ小さいです。
430キロくらいでレースに出られれば、とのことでした。
体高は4センチ伸びているので、もっと体重も成長してほしいところです。

メイキアシー

体は小さいけど顔はイケメンだとか。
普段の性格はちょっと寂しがり屋なんだそうです。
関係ないけど流星の形も控えめ。レースではピリッと豹変してもらいたいですが。

メイキアシー

同じ日の阪神では、半兄スワーヴアーサーが2000Mで2勝目を挙げました。
この仔も芝の中距離くらいがちょうどいいのでは、とのこと。
ディープ産駒らしい軽い走りを見せてくれているようです。

メイキアシー

自分にとって200万は毎年出せるような額ではなく、社台サンデーでは最初で最後のディープ牡馬かもしれませんから、どうにか活躍して楽しませてもらいたいものです。
まずは怪我などなく順調に、次は競馬場で会おうと約束して一旦お別れ。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。