--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロゼリーナ 古馬初戦

2017年04月30日 20:05

先週日曜日は愛馬ロゼリーナの応援に府中へ行ってきました。

ロゼリーナ

お仲間さん達と合流し、少し待つと愛馬登場。

ロゼリーナ

馬体重は448キロと、デビュー以来最重量。
成長分なのか、または太めなのか。

ロゼリーナ

古馬になって初戦、1000万クラスも初挑戦です。

ロゼリーナ

強い相手もいますが頑張ってほしい。

ロゼリーナ

母の現役時代のライバル、レディパステルの主戦だった蛯名Jを鞍上に迎えました。
休み明け初戦、成長したレースを見ることができるか。

ロゼリーナ

しかし、レースは全くいいところなくシンガリ負け。

ロゼリーナ

昇級初戦とはいえ、これは厳しい・・・
被されずに撮れたことだけが唯一の救いでしょうか。

ロゼリーナ

ホースプレビューにて。まずはお疲れさま。
ここはひと叩きで本命は次走、テレ玉杯のような気がします。
大敗はさすがに落ち込みますが、気を取り直して牝馬限定戦に向かいたいです。
スポンサーサイト

10戦目の悲願、夢もたまには叶う

2016年12月11日 13:10

昨日は愛馬ロゼリーナの応援に中京競馬場へ、新幹線を乗り継いで行ってきました。

ロゼリーナ

馬体重はデビュー以来最小の430キロ。
秋3戦目だから多少減るのは仕方ないのかもしれません。

ロゼリーナ

少し待つと愛馬登場。

ロゼリーナ

この日は少しだけチャカつく場面も。とはいえ他馬よりは大人しいです。

ロゼリーナ

人気は実績上位のアオイプリンセスに次ぐ2番人気で4.5倍。

ロゼリーナ

とはいえこちらも切れなら負けないつもりです。
鞍上の北村友Jも2戦目ですし、手の内に入れてくれているはず。

ロゼリーナ

こっち向いたところ。

ロゼリーナ

本馬場入場。
芝2000は遠くから来ること、2年振りの中京で忘れてました

ロゼリーナ

返し馬。
今年7月、後方一気で初勝利を挙げた得意のコース。
あの時は仕事で遠征できなかったのが心残りになりました。
今日こそは勝って口取りしたい!

ロゼリーナ

スタートしたところ。

ロゼリーナ

1周目スタンド前。
一旦下げますが、向こう正面で上がっていき、4コーナーでは好位につけます。

ロゼリーナ

直線。ヒメタチバナを交わし、残り200で早々に先頭に立ちます。
あとは最後まで持たせてくれ!と願うばかり。

ロゼリーナ

目の前に来たところ。
アオイプリンセスが猛然と追い込んでくるも、どうやら差されることはなさそう。
もはや心は総合インフォメーションへ

ロゼリーナ

勝った!見事な捲りで2勝目を挙げてくれました。
やはりこのコースとの相性は抜群でした。おめでとう!

キャンセル募集で復活当選して出資者になってから約2年
愛馬だった姉ロザリウム無念の未勝利引退から3年
小さな体で必死に追い込んでくる母ローズバドのファンになってから15年・・・
姉妹で通算10戦目、ようやく大好きなローズバドの娘と口取りすることができました!
世の中そんなに甘くないと思っているけど、願い続けると叶う夢もたまにはあるんですね。
一生の思い出にします。

殿一気も福島では・・・

2016年11月20日 17:55

先週は愛馬ロゼリーナの応援に福島へ行ってきました。

20161113_福島競馬場

R7~113~13~4のいつもの経路で行ったものの、いつもと違うのは競馬場の混み具合。11時に到着も周辺の駐車場は全滅し、近所のあぶくま親水公園の駐車場から臨時バスに乗っていくことに。運転手のお父さんが親切でとても好印象。

ロゼリーナ

で、パドックへ。
初勝利の7月、地元出走の10月のレースは休出で応援に行けず悔しい思いをしました。

ロゼリーナ

デビュー戦以来の再会、思う存分撮影しておきます。
同じ画角ばかりですけど・・・

ロゼリーナ

人気は最終的に1番人気に推されました。
前走も牝馬には負けていなかったし、限定戦なら勝ち負けかなと。

ロゼリーナ

鞍上は北村友Jに託します。うちの愛馬は宏友問わず北村率が高い
馬場入場とレースは4K切り出しを試したみたところ、これが大失敗。
人に公開するってレベルじゃねーぞ、ということで写真無しです。

レースは思い切った殿一気、しかし届かずの4着まで。
少し煮え切らない内容でも、母ローズバドと同じレースには興奮しました。
まあ・・・福島でそれをやるか?という話ではありますけど。

ともあれお疲れさま。連戦できるくらい丈夫になってくれて嬉しいです。
次走は初勝利を挙げた中京芝2000に条件が戻るとのこと。
それまで更に末脚に磨きをかけて、今度こそ突き抜けてもらいましょう!

4年越しで薔薇が咲く

2016年07月24日 12:35

ブログ再開します。
久々の記事、まずは先々週の話から。

ロゼリーナがデビュー2戦目に福永Jで出走。
コースは中京芝2000。牝馬限定とはいえ、マイルで少し長いなどと言われていた(藤原先生は否定されていましたが)なので、正直いきなりの2ハロン延長は厳しいかなと思っていました。
それとは関係なく、自分は休日出勤のため応援には向かえず。

レースは後方イン追走から向正面で少しずつ外へ。

IMG_20160724_113657

直線向いた時にはこの位置(大外白帽子)。
今日はダメかな・・・そんな気持になりかけた矢先

母ローズバドのレースを再現したような、強烈な末脚で追い込んできます!
これは本当にローズバド。でも届くだろうか?

IMG_20160724_113603

ゴール前きっちり交わしました。念願の初勝利。
姉ロザリウム出資から4年、だいぶ悔しい思いもしましたが懲りずに妹にも出資して、ようやくこの血統で勝利の美酒を味わうことができました。ローズバドのマーメイドSの時にも思ったのですが、諦めずに信じ続ければ必ず報いてくれるのが薔薇一族なんですね。

まずはロゼリーナ、初勝利おめでとう。
現地で見届けられなかったのが痛恨だったけど、次に勝つ時はきっと現地で見届けたい。
時間切れは免れたので、今後は無念だった姉の分まで元気に走る姿を見守っていきたいです。

もう一度、この血統で

2016年02月11日 20:53

先週は愛馬ロゼリーナのデビュー戦を見届けに、淀まで応援に行ってきました。

20160207_京都競馬場

全姉で、同じく愛馬のロザリウムと同じレースでデビューとは縁があります。
ちなみに2年前と同じホテルに一泊し、万全の状態でスーツ着込んで行きました。

ロゼリーナ

体重は6キロ大きい程度でほぼ同じ、馬番も同じ1番。
同じレースなので当然といえば当然ですが、撮影した時間も1分違い。
まるでどこかで見たような風景です。

ロゼリーナ

少し待つと愛馬登場。
毛色はキンカメにもローズバドにも似ず、栗毛に出ました。

ロゼリーナ

全体だとこんな感じ。
栗東帰厩時が459キロだったことを考えると、少し減りすぎ?
バルブランシュなどは増えていたので、どのくらいが普通なのか分かりませんが。

ロゼリーナ

さて人気は。
一本被り・・・だと・・・
姉の新馬も1番人気でしたが、押し出されたような感じでした。
ここまで人気になるとは驚きです。

ロゼリーナ

自分も含めファンの多い薔薇一族、陣営の強気コメントに新聞の印もあったので仕方ないかも。
とはいえ上のブックはグリグリ過ぎです。記念に買ってしまったよ。

ロゼリーナ

血統どおり、終始大人しく周回していました。

レッドミモザ

一緒にデビューする馬も何頭か。
2番人気は東京のレッドミモザ。
母フラワーパークはヴァンセンヌの半妹ですね。

アルマンディン

3番人気はキャロットのアルマンディン。
母クリソプレーズはマリアライト、クリソライトの半妹ですね。
ということで混合戦にも関わらず、良血牝馬3頭で上位人気を独占しました。
サトノケンシロウがいたらもっと凄かった?新馬でマジックストームと当たるのは勘弁してくれ!

ロゼリーナ

止まれの合図でこっち向いたところ。

ロゼリーナ

パドックでは騎手は乗らず。
首筋をポンと叩かれて、そろそろ出陣です。

ロゼリーナ

デビュー戦の鞍上はルメールJに託します。
鞍上については何の心配もありません。

ロゼリーナ

The Rising Sun」をバックに、初めての本馬場入場です。
やや時間を要したけど、新馬のあるうちに無事デビューを迎えることできました。

ロゼリーナ

返し馬もスムーズです。
思い入れ出資なので後悔はありませんが、初めて出資したローズバド産駒の姉は未勝利引退。
当然ながらこの程度では懲りず、シルクに入会してまでこの仔に申し込んだものの実績負け。
キャンセル募集で相当の運を使って抽選を潜り抜け、ようやく愛馬となった仔です。
もう一度この血統で夢を見たい!

ロゼリーナ

雪の舞う中でのレース。
先団後ろのインで待機し追い出しを待つ絶好の展開で、あとは直線伸びるだけ。

ロゼリーナ

しかし、そこからの伸びが案外。
少し不利がありましたが、致命的というようには見えませんでしたし・・・

ロゼリーナ

結果は6着と断然人気に応えることができず。

ロゼリーナ

戻ってくるところ。
まずは初めてのレース、疲れさま。

断然人気で負けたのは勿論残念ですが、直前追い切りでルメールJの「少し非力なところがある」というコメント(姉も同じことを言われた)が心配だったので、実はこのレースを見て少し安心しました。
血統的にも新馬は苦手だし、全く目処が立たないようなレースでもありませんでした。
次は牝馬限定で、変わり身を見せて勝ち上がってもらいたいところです。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。