--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローエン → ゴット

2016年12月31日 16:01

先日、愛馬ゴットフリートが4年3か月の現役生活を終えました。
ここまでの思い出を振り返っていきたいと思います。


- 2011年 -

出資の決め手は何を置いてもローエングリン
自分が本格的に競馬を初めて1年目、初めて参加したPOGで最初に指名した馬でした。
デビューから引退まで応援していて、今の一口極振り態勢の基盤にもなった思い入れのある馬。
引退レース、MCSの時に産駒への出資を一方的に約束し、これを果たすことができました。

- 2012年 -

迎えた2歳シーズン。この仔にとって最も輝いた1年でした。
早々6月に斎藤誠厩舎に入厩。

ゴットフリート

一度天栄に戻ったところで初対面を果たしました。父似の栗毛で王子タイプでした。

ゴットフリート

そして迎えたデビュー戦、現地へ応援に行きました。
1200万の安い馬だし、元気に走ってくれたら十分などと思っていたところ・・・
圧勝で新馬勝ちを収めてくれました!

2戦目のきんもくせい特別は地元新潟出走だったにも関わらず、現地観戦できず。
マイネルホウオウとの競り合いを制し、2連勝でいざG1へ。

ゴットフリート

そしてベストレース朝日杯FSがやってきました。
スミヨンJに導かれ、良血馬たちを相手に大健闘の3着でした!
ローエン産駒でクラシックの夢を見る・・・
本当にこんな日が来るとは思ってもいませんでした。
意外にも抽選運を持っていたことにも驚きました。


- 2013年 -

ゴットフリート

大事な3歳シーズンの初戦、選んだのはクラシック候補が集まる共同通信杯
ここで勝つことができず、希望していたクラシック路線からマイルに舵を切ります。
現実的と言えばそれまでだけど、父が抽選で落とされた皐月賞には出たかった・・・

ゴットフリート

しかし、現実的というのは結果が出てから評価されるもので・・・
マイルCのトライアルNZTに1番人気で出走するも、噛み合わず9着に大敗。

ゴットフリート

評価を落としたNHKマイルCでも、不可解な後方待機で見せ場なく敗れてしまいます。
ちなみに、あの時の保護者大集結っぷりが凄かったのはよく覚えています。
マイネルホウオウ、フラムドグロワール、ガイヤースヴェルトの出資者の方々と立て続けにご挨拶。「お手柔らかに」と言いつつも、お互い腹の中は必勝態勢というのが伝わってきてとても楽しかったですね。

秋初戦の京成杯AHは低評価を覆し3着も、信越S、朝日CCと振るわずシーズンを終えます。


- 2014年 -

4歳シーズン、ここは試練の年でした。
ニューイヤーSで大敗すると、鼻出血など色々あって降級まで長期休養。

ゴットフリート

地元出走を初めて現地観戦できた五頭連峰特別でしたが、見せ場なく9着に敗れてしまいます。
結局この年は2走のみ。


- 2015年 -

一時はクラシック候補にも名前が挙がった馬、このまま終わるわけにはいきません!
復活を期して迎えた5歳シーズン、初戦は正月競馬の平場を2着と久々の好走。
若潮賞で勝ち上がりを目指すも、包まれて10着に敗れます。ちなみに勝ったのは名馬モーリスだったので、どう足掻いても勝ち目はありませんでしたね。

ゴットフリート

半年休養後のいわき特別は現地観戦でした。結果は惜しい3着。
秋は外房特別3着、立冬特別2着と、もう少しで勝てるレースを続けながらも勝ちきれず。

ゴットフリート

そして12月、平場の自己条件でようやく、3年2か月振りの勝利を挙げてくれました!
奇しくもFS当日、この仔が最も輝いたレースの3年後でした。
これが最後の勝利となります。


- 2016年 -

愛馬の中では長老となった6歳シーズン、準オープンでは苦戦が続きます。
阿武隈Sは見せ場を作ったし、秋風Sでは不利がなけらばというレースだったものの、残念ながら結果が伴いません。
1年走って掲示板なしの結果を受けて、市川Sをもって現役引退の判断が下されました。


これを言ったら諦めになると思って引退まで控えてきたのですが、最後に言います。
一口3万円でこれだけ走ったのだから、十分すぎるほど頑張ってくれました!

ゴットフリート、長い間お疲れさま。
愛馬としてはお別れだけど、移籍先岩手での活躍を心から祈っています。
父を超えるなんて大きな夢・・・叶わなかったけど、見せてくれてありがとう!

ゴットフリート(牡 2010産)
父 ローエングリン
母 マチカネエンジイロ (母父 サンデーサイレンス)
成績 23戦3勝 [3-3-4-13]
きんもくせい特別、共同通信杯2着、朝日杯FS3着

スポンサーサイト

まだまだ戦えることを証明

2016年07月24日 19:26

一気にブログ更新してます。

先々週、阿武隈Sに出走したゴットフリートについても。
この仔にとっては、4歳1月のニューイヤーS以来、2年半振りのメインレースでした。

IMG_20160724_113506

レースは中団追走から、3~4コーナーで一気に押し上げて先団へ。同じ福島で1年前に出走した、いわき特別と同じような流れで直線に入ります。この仔にとって福島はレースしやすい競馬場なんでしょうね。
早めに動いたぶん最後はさすがに止まってしまったものの、準オープンに昇級してから初の掲示板確保。昇級後の2戦が全然見通しの立たないレースだったので、正直かなり安心しました。

6歳とはいえ休み休み使っているので、まだまだフレッシュさも残っているはず。父も8歳で重賞を勝っているくらいだから、血統的にも衰えの心配はありません。
主戦の田辺Jも戻ってきたし、これなら準オープンでも戦っていけます!

3 Years Later

2016年01月09日 14:55

昨年の話になるのですが、愛馬ゴットフリートの応援に中山へ行ってきました。

ゴットフリート

いつもどおり関東へは車で日帰り。最終レースなのでのんびり出発です。
所沢ICを降りると、なんとガソリンが110円割れ!
ここまで安くなったかと驚きつつ、武蔵野線で法典へ向かいます。

ゴットフリート

メインのディセンバーSはクランモンタナとマデイラという、愛馬の兄対決が。
見たい気持ちはあったものの、最終出走の身としてはパドック待機が基本です。

ゴットフリート

全体だとこんな感じ。

ゴットフリート

こっちを向いたところ。
後ろからはFSの実況が聞こえてきます。
そういえば、3年前のこの日はゴットフリートが出走して、最高のレースで3着に好走しました。
世間では衆院選があって、政権が交代していました。何もかも懐かしい。

ゴットフリート

2015年に入ってからは、どん詰まりだった若潮賞を除いて全て僅差のレース。
安定感を買われてか、信越S以来の1番人気に推されました!

ゴットフリート

幕の方が出資者かは存じ上げませんが、口取りが取れないほど出資者の期待も高まっています。

ゴットフリート

主戦の田辺JがFSに騎乗のため、今回は初騎乗の石川Jに託します。
お仲間の情報だと、なんでも期待の若手なんだそうな。メインではモンタナを3着に持ってきました。

ゴットフリート

本馬場入場。
最初は少し息が合っていないような場面(?)も見られたものの、無事に返し馬へ。

ゴットフリート

思えば正月競馬の最終で、この仔の2着から始まった2015年。
全体を振り返ると、予定より早い引退、極度の不振、骨折休養など不運が続いた年でした。
締め括る最後の愛馬出走ということで、せめて最後は飾ってほしい。
ゴットフリートで始まり終わる1年、勝って年越しさせてくれ!

ゴットフリート

で、レースは中団のインでじっとしています。
直線向いた時、外に出すスペースが完全に塞がれたの確認。これはマズイ・・・

ゴットフリート

・・・と思った矢先、インを強引に付いて伸びてきています
2年目とは思えぬ大胆な騎乗に驚嘆。

ゴットフリート

あっという間に先行勢を置き去りにします。追い込み勢はもう間に合わない。
これは間違いなく勝った!

ゴットフリート

見事に1着でゴール。
2歳時のきんもくせい特別以来、実に3年2月振りの勝利となりました。

ゴットフリート

戻ってくるところ。
まずはお疲れさま。
この時なのか、前のカツハルJとひと悶着あったそうですが、特に気にしていません。

ゴットフリート

グランプリロードへ。
ゼッケン取って「1着」のところに堂々と入っていきます。

ゴットフリート

口取りが始まるまで自由に撮ってよいという至福の時間を満喫します。
新装中山の素晴らしいところですね。

ゴットフリート

ちょうど3年前、まだFSが中山開催だった時に出走し3着。
生涯最高のレースを見せた3年後、再び中山のマイルで輝きを取り戻しました。
期待が大きすぎたのか不完全燃焼だった3歳時、不調で降級した1000万でも勝負にならなかった4歳時と大変な時期が続いていたので、勝利の美酒は格別でした。
本当によく戻ってきてくれたと思います。

ゴットフリート

そろそろ口取りへ行くよ、と引っ張られます。

ゴットフリート

鞍上の石川Jも素晴らしい騎乗でした。
田辺Jの確保が難しいようなら、主戦になっていただきたいくらいです。

ともあれゴットフリート、久々の勝利おめでとう!
オープン復帰まであと1つ。きっと勝てると信じてまた応援します。

半年振りは3着

2015年08月15日 14:55

7月25日は福島競馬場へ。
愛馬ゴットフリートが、いわき特別に出走するとのことで応援に行ってきました。

20150725_福島競馬場

当日は台風接近などで猛暑でした。
燃費と加速を犠牲にしてでも、エアコンをフル稼働しなければ走れない。
到着すると外は咽るほどの暑さで倒れそうに。パドック直前までは屋内に引きこもることを決意。

ゴットフリート

この仔とは地元出走の五頭連峰特別以来、ほぼ1年振りの再会です。

ゴットフリート

とはいえ、それ以降2戦しか走っていないんですけど。
今でも大変なのかもしれないけど、もう少しコンスタントに走れるようになってほしい。

ゴットフリート

こっち向いたところ。
鉄砲駆けには定評があります。
半年の休み明け、ここでも期待です。

ゴットフリート

止まれの直前に移動し、結構近い位置で見ることができました。

ゴットフリート

田辺Jは乗らないようです。
ということでゴール前に走ります。どんなに猛暑でバテバテでも、ここだけは走ります。

ゴットフリート

相棒の田辺Jを背に本馬場入場。
今回もよろしくお願いします。

ゴットフリート

前走の若潮賞は直線で詰まってレースにならなかった
その前は勝ち負けのレースをしているので、順調なら勝機は十分なはず。
さあ行ってこい!

ゴットフリート

スタートの瞬間。

ゴットフリート

1周目はインコースでじっとしています。
写真はこのくらいが限界だけど、2周目で弾けてくれればいくらでも撮れるから頑張って。

ゴットフリート

2周目の4コーナーでは4番手の外。
直線で上手く前が開き、あとは逃げる馬を捉えるだけという理想的なレース運びに。
これは勝てるかも!

ゴットフリート

外を通っているので撮影も簡単です。
撮影に必死になっていると、横にいた出資者らしき人達の会話が耳に入る。
これは厳しいな、などと。

ゴットフリート

そのとおりで、手応えは抜群だと思っていたもののマイネオーラムがなかなか止まらず。
もしくはゴットがイマイチ伸び切れなかった?

ゴットフリート

そのうえインから伏兵タブレットピーシーが伸びてきて、結果は3着。
勝てたと思ったんだけど、そこまで甘くはなかったですね。

ゴットフリート

戻ってくるところ。
暑い中お疲れさま。

ゴットフリート

きちんと走れば1000万はいつでも勝ち上がれることを改めて証明できました。
次走がいつになるか分からないタイプだけにアテになりませんが、今度こそは勝って準オープンへ。
そしてFSで先着した馬の多くが走るオープンへ。
かなり遅くなっているけども、なるべく早く戻りたいものです。

ようやく見れた地元のゴットフリート

2014年08月03日 19:04

昨日は夏の新潟開催開幕日。
五頭連峰特別に愛馬ゴットフリートの応援に新潟競馬場まで行ってきました。
地元なので、車で行けば昼間の交通量でも20分程で楽々到着。

20140802_新潟競馬場

この仔が新潟で出走するのは3回目です。
最初は2歳時のきんもくせい特別、次は3歳秋の信越S、そして今回。
過去2回は他の用事や他の愛馬レースと重なって行けなかったので、新潟で走るゴットフリートを現地で応援するのは今回が初めて。言うまでもなくテンションが上がります

ゴットフリート

あまりの暑さに日当にいることすら出来ず、パドックに出てくるまで日陰で待機。

ゴットフリート

パドックに姿を現します。
ニューイヤーS以来、およそ7か月振りの競馬となります。
自分は3歳時のマイルC以来なので久々の再会です。

ゴットフリート

全体はこんな感じ。
オープンから1000万への2クラス降級にも関わらず、4番人気の低評価。
実績の違いを見せつけて、地元勝利を飾ってもらいたい。

ゴットフリート

順調なら春の新潟開催でも会える予定だったんですが、鼻出血により回避。
何度も再発して引退に追い込まれるケースもあるし、無事に戻ってきてくれて嬉しいです。

ゴットフリート

止まれの合図で正面になりそうな所へ移動。
ドンピシャでカメラ目線もいただきました。

ゴットフリート

ピカピカな栗毛の馬体は健在。
ただ、これだけ光って見えるのは発汗が目立っていたところもあるでしょうね。
猛暑の中、大変だと思うけど頑張って。

ゴットフリート

エスポジートJを背に本馬場入場。
自分が初めて父ローエングリンを見たのが06年の関屋記念。
それからちょうど8年後、夏の新潟マイルに産駒が愛馬として出走します。
できれば父仔二代で関屋記念がよかったんですが、贅沢は言うまい。
さあ行ってこい!

ゴットフリート

で、レース。
客が陣取れるゴール前のポジションは日陰、コースは日当と、撮影には絶好の時間帯。
あとはゴールする瞬間を格好良く撮るだけだったんですが、直線入っても手応えがなく・・・

ゴットフリート

まさか・・・全く伸びないのか。
1000万で通用しないなんて考えてもいなかったので、もはや茫然
暑さも相まって意識がもうろうとしてきました。

ゴットフリート

結局、勝ち馬から1秒7も離された9着でゴール。
こんははずでは・・・

ゴットフリート

戻ってくるところ。まずはお疲れさま。
残念ながら2歳戦から共同通信杯あたりまでの輝きは失ってしまったところがありますが、まだまだこんなもんじゃないというところを見せてもらいたいです。
鼻出血休養明けだったし、今回は無事に走ってくれただけでいい事にします。
ローエン産駒の愛馬が地元で走るところを見られたことにも満足してますし。

次回こそは・・・と思っていたところ、また放牧に出されるとのこと
もう一度、夏の新潟開催中に見たかったんですけどね・・・


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。