--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローエン → ゴット

2016年12月31日 16:01

先日、愛馬ゴットフリートが4年3か月の現役生活を終えました。
ここまでの思い出を振り返っていきたいと思います。


- 2011年 -

出資の決め手は何を置いてもローエングリン
自分が本格的に競馬を初めて1年目、初めて参加したPOGで最初に指名した馬でした。
デビューから引退まで応援していて、今の一口極振り態勢の基盤にもなった思い入れのある馬。
引退レース、MCSの時に産駒への出資を一方的に約束し、これを果たすことができました。

- 2012年 -

迎えた2歳シーズン。この仔にとって最も輝いた1年でした。
早々6月に斎藤誠厩舎に入厩。

ゴットフリート

一度天栄に戻ったところで初対面を果たしました。父似の栗毛で王子タイプでした。

ゴットフリート

そして迎えたデビュー戦、現地へ応援に行きました。
1200万の安い馬だし、元気に走ってくれたら十分などと思っていたところ・・・
圧勝で新馬勝ちを収めてくれました!

2戦目のきんもくせい特別は地元新潟出走だったにも関わらず、現地観戦できず。
マイネルホウオウとの競り合いを制し、2連勝でいざG1へ。

ゴットフリート

そしてベストレース朝日杯FSがやってきました。
スミヨンJに導かれ、良血馬たちを相手に大健闘の3着でした!
ローエン産駒でクラシックの夢を見る・・・
本当にこんな日が来るとは思ってもいませんでした。
意外にも抽選運を持っていたことにも驚きました。


- 2013年 -

ゴットフリート

大事な3歳シーズンの初戦、選んだのはクラシック候補が集まる共同通信杯
ここで勝つことができず、希望していたクラシック路線からマイルに舵を切ります。
現実的と言えばそれまでだけど、父が抽選で落とされた皐月賞には出たかった・・・

ゴットフリート

しかし、現実的というのは結果が出てから評価されるもので・・・
マイルCのトライアルNZTに1番人気で出走するも、噛み合わず9着に大敗。

ゴットフリート

評価を落としたNHKマイルCでも、不可解な後方待機で見せ場なく敗れてしまいます。
ちなみに、あの時の保護者大集結っぷりが凄かったのはよく覚えています。
マイネルホウオウ、フラムドグロワール、ガイヤースヴェルトの出資者の方々と立て続けにご挨拶。「お手柔らかに」と言いつつも、お互い腹の中は必勝態勢というのが伝わってきてとても楽しかったですね。

秋初戦の京成杯AHは低評価を覆し3着も、信越S、朝日CCと振るわずシーズンを終えます。


- 2014年 -

4歳シーズン、ここは試練の年でした。
ニューイヤーSで大敗すると、鼻出血など色々あって降級まで長期休養。

ゴットフリート

地元出走を初めて現地観戦できた五頭連峰特別でしたが、見せ場なく9着に敗れてしまいます。
結局この年は2走のみ。


- 2015年 -

一時はクラシック候補にも名前が挙がった馬、このまま終わるわけにはいきません!
復活を期して迎えた5歳シーズン、初戦は正月競馬の平場を2着と久々の好走。
若潮賞で勝ち上がりを目指すも、包まれて10着に敗れます。ちなみに勝ったのは名馬モーリスだったので、どう足掻いても勝ち目はありませんでしたね。

ゴットフリート

半年休養後のいわき特別は現地観戦でした。結果は惜しい3着。
秋は外房特別3着、立冬特別2着と、もう少しで勝てるレースを続けながらも勝ちきれず。

ゴットフリート

そして12月、平場の自己条件でようやく、3年2か月振りの勝利を挙げてくれました!
奇しくもFS当日、この仔が最も輝いたレースの3年後でした。
これが最後の勝利となります。


- 2016年 -

愛馬の中では長老となった6歳シーズン、準オープンでは苦戦が続きます。
阿武隈Sは見せ場を作ったし、秋風Sでは不利がなけらばというレースだったものの、残念ながら結果が伴いません。
1年走って掲示板なしの結果を受けて、市川Sをもって現役引退の判断が下されました。


これを言ったら諦めになると思って引退まで控えてきたのですが、最後に言います。
一口3万円でこれだけ走ったのだから、十分すぎるほど頑張ってくれました!

ゴットフリート、長い間お疲れさま。
愛馬としてはお別れだけど、移籍先岩手での活躍を心から祈っています。
父を超えるなんて大きな夢・・・叶わなかったけど、見せてくれてありがとう!

ゴットフリート(牡 2010産)
父 ローエングリン
母 マチカネエンジイロ (母父 サンデーサイレンス)
成績 23戦3勝 [3-3-4-13]
きんもくせい特別、共同通信杯2着、朝日杯FS3着

スポンサーサイト

まだまだ戦えることを証明

2016年07月24日 19:26

一気にブログ更新してます。

先々週、阿武隈Sに出走したゴットフリートについても。
この仔にとっては、4歳1月のニューイヤーS以来、2年半振りのメインレースでした。

IMG_20160724_113506

レースは中団追走から、3~4コーナーで一気に押し上げて先団へ。同じ福島で1年前に出走した、いわき特別と同じような流れで直線に入ります。この仔にとって福島はレースしやすい競馬場なんでしょうね。
早めに動いたぶん最後はさすがに止まってしまったものの、準オープンに昇級してから初の掲示板確保。昇級後の2戦が全然見通しの立たないレースだったので、正直かなり安心しました。

6歳とはいえ休み休み使っているので、まだまだフレッシュさも残っているはず。父も8歳で重賞を勝っているくらいだから、血統的にも衰えの心配はありません。
主戦の田辺Jも戻ってきたし、これなら準オープンでも戦っていけます!

3 Years Later

2016年01月09日 14:55

昨年の話になるのですが、愛馬ゴットフリートの応援に中山へ行ってきました。

ゴットフリート

いつもどおり関東へは車で日帰り。最終レースなのでのんびり出発です。
所沢ICを降りると、なんとガソリンが110円割れ!
ここまで安くなったかと驚きつつ、武蔵野線で法典へ向かいます。

ゴットフリート

メインのディセンバーSはクランモンタナとマデイラという、愛馬の兄対決が。
見たい気持ちはあったものの、最終出走の身としてはパドック待機が基本です。

ゴットフリート

全体だとこんな感じ。

ゴットフリート

こっちを向いたところ。
後ろからはFSの実況が聞こえてきます。
そういえば、3年前のこの日はゴットフリートが出走して、最高のレースで3着に好走しました。
世間では衆院選があって、政権が交代していました。何もかも懐かしい。

ゴットフリート

2015年に入ってからは、どん詰まりだった若潮賞を除いて全て僅差のレース。
安定感を買われてか、信越S以来の1番人気に推されました!

ゴットフリート

幕の方が出資者かは存じ上げませんが、口取りが取れないほど出資者の期待も高まっています。

ゴットフリート

主戦の田辺JがFSに騎乗のため、今回は初騎乗の石川Jに託します。
お仲間の情報だと、なんでも期待の若手なんだそうな。メインではモンタナを3着に持ってきました。

ゴットフリート

本馬場入場。
最初は少し息が合っていないような場面(?)も見られたものの、無事に返し馬へ。

ゴットフリート

思えば正月競馬の最終で、この仔の2着から始まった2015年。
全体を振り返ると、予定より早い引退、極度の不振、骨折休養など不運が続いた年でした。
締め括る最後の愛馬出走ということで、せめて最後は飾ってほしい。
ゴットフリートで始まり終わる1年、勝って年越しさせてくれ!

ゴットフリート

で、レースは中団のインでじっとしています。
直線向いた時、外に出すスペースが完全に塞がれたの確認。これはマズイ・・・

ゴットフリート

・・・と思った矢先、インを強引に付いて伸びてきています
2年目とは思えぬ大胆な騎乗に驚嘆。

ゴットフリート

あっという間に先行勢を置き去りにします。追い込み勢はもう間に合わない。
これは間違いなく勝った!

ゴットフリート

見事に1着でゴール。
2歳時のきんもくせい特別以来、実に3年2月振りの勝利となりました。

ゴットフリート

戻ってくるところ。
まずはお疲れさま。
この時なのか、前のカツハルJとひと悶着あったそうですが、特に気にしていません。

ゴットフリート

グランプリロードへ。
ゼッケン取って「1着」のところに堂々と入っていきます。

ゴットフリート

口取りが始まるまで自由に撮ってよいという至福の時間を満喫します。
新装中山の素晴らしいところですね。

ゴットフリート

ちょうど3年前、まだFSが中山開催だった時に出走し3着。
生涯最高のレースを見せた3年後、再び中山のマイルで輝きを取り戻しました。
期待が大きすぎたのか不完全燃焼だった3歳時、不調で降級した1000万でも勝負にならなかった4歳時と大変な時期が続いていたので、勝利の美酒は格別でした。
本当によく戻ってきてくれたと思います。

ゴットフリート

そろそろ口取りへ行くよ、と引っ張られます。

ゴットフリート

鞍上の石川Jも素晴らしい騎乗でした。
田辺Jの確保が難しいようなら、主戦になっていただきたいくらいです。

ともあれゴットフリート、久々の勝利おめでとう!
オープン復帰まであと1つ。きっと勝てると信じてまた応援します。

アメリ

2015年11月22日 22:36

先日、愛馬アメリが引退しました。
いつか来るのは分かっていたけど、いざ引退となると寂しいですね。
ここではアメリとの思い出を、当時の記事などを読み返しながら振り返っていきます。
全24戦中20回現地へ応援に行ったので、旅の思い出も交えつつ書きます。


- 2009年 -

このニュースを見てとても驚きました。まさか・・・あのアゼリが日本に来るなんて。
当時はアメリカの馬産業界が弱っていた頃で、日本は円高のピークあたり。
さらにドバイ陣営が買いに来なかったことなど、色々重なっての幸運だったそうです。
でもその時は、まさか自分にも影響が出てくるなんて思いもよらず。

- 2011年 -

募集予定馬リストを見て目玉が飛び出るほど驚きました。
アゼリの2010、セールの時にお腹の中にいた仔が募集されているのか。
カタログには・・・

米国G1競走を11勝し2002年のエクリプス賞年度代表馬、そして米古牝馬チャンピオン(3 回)の栄誉に輝いたアゼリ。その産駒をノーザンファーム生産馬としてラインナップすることができました。5月生まれの本馬は現状では小柄に映りますが、深い胸と容積十分なトモがしなやかな曲線で連動した美しいシルエットを描いており、今後の伸びしろが大きい馬体です。短めの背中を基点として振り子にも似たリズミカルかつ雄大な動き、トモの踏み込みの深さは本馬の充実した筋肉の質の良さを証明しています。世界と戦うべく夢を抱かせてくれる本馬、そのステータスを手にしてください。

と、多少盛り気味なサンデーのコメントにしても、やり過ぎなくらい書かれていました。
出資の決め手は、これだけの良血を持つチャンスなど滅多に来ないと思ったから。
それでも未知の血統に5000万は高過ぎたのか、入会2年目のヒヨッ子実績でも出資決定
世界的良血馬を愛馬にする、またとない機会を得ました。

IMG_8412

その年の秋ツアーで初対面も果たしてきました。

- 2012年 -

3月、まずは馬名が決まります。
一度ジャパンスタッドブックのHPに、「オクスフォス」という謎の馬名で登録されますが、公式に記載された馬名は「アメリ」。手違いなのか何かの理由で覆ったのか。
ダジャレっぽいネーミングとはいえ、映画のタイトルから素敵な馬名を付けてもらいました。
8月に天栄経由でしがらきへ移動し、10月には栗東へ。以降一度も北海道へは戻らず。
11月のWSJSの週に母の主戦だったマイク・スミスJを迎えデビューするなんて話もありましたが延期。

メイクデビュー新馬(2着)
アメリ

その翌週、中京の芝1400でデビューすることになりました。
中京に行ったのはその時が初めて。競馬場駅からの遠さには驚かされました。
よく追い込むも2着まで。本馬場入場からずっとドキドキしっぱなしだったことを覚えています。

3歳未勝利(10着)
必勝を期して2戦目の阪神。しかし、謎の大敗を喫してしまいます。
2着はのちのオープン馬ヒュウマ。

- 2013年 -

3歳未勝利(3着)
アメリ

実績のある中京に戻し、凄い脚で追い込むも3着まで。
勝ったのはのちのオープン馬メイショウライナー。
18切符を使って、行きと帰りを違う鈍行ルートで行ったのは楽しい思い出です。

3歳未勝利(5着)
掛かったりで最後の伸びを欠きました。
現役期間を通じて(特にパドックで)落ち着きのないタイプの仔でした。
ここは現地観戦せず。結果も微妙でいよいよ焦り出します。

3歳未勝利(4着)
それでも血統的にダートなら確勝だろう!などと思っていた初ダートはまさかの4着。
これは本当に焦りました。まさか未勝利引退なんてことはないだろうな・・・。

3歳未勝利(1着)
アメリ

宝塚記念当日、ここでダメなら・・・と覚悟を決めて、激混みの競馬場で応援してました。
今までの鬱憤をまとめて晴らすように、逃げて7馬身差のぶっちぎり!
アメリカ血統のこの仔には、重馬場のダートのほうが質が近くて向いているのかもしれません。
こんなにスッキリするレースは滅多にありません。ここが自分の中でのベストレースです。

3歳上500万(2着)
アメリ

次の小倉は飛行機で日帰りという弾丸ツアーで行きました。本当にレースだけ見て帰ってます。
とにかく暑かったです。競馬場であんなに暑い思いをしたのは、後にも先にもありません。
昇級初戦としては上々の2着。

3歳上500万(10着)
断然人気に推されるも、ペースが速過ぎたのか大敗してしまいます。

3歳上500万(5着)
地元の隣県福島での出走ということで、山道を車で飛ばして行ってきました。
距離は再び1700。ゆったり進め過ぎたのか、直線入った時点で勝負あり。距離も長かったかも。
500万突破が少し心配になってきました。

3歳上500万(1着)
口取り申し込みを忘れてしまい応援に行かなかったレース。何とこのレースで2勝目を挙げます。
4角先頭の王道競馬。近走が振るわなかったし、この走りにはちょっと驚きました。

- 2014年 -

古馬になり、以降しばらくは1000万での戦いになります。
血統的に晩成だと思っていたので、通用するのか不安を抱きながら期待もしていました。
そして、ここから驚くような成績を残すことになります。

4歳上1000万(2着)
アメリ

手始めに牝馬限定戦でアルボナンザの2着。ここは勝ったと思いました。

4歳上1000万(2着)
アメリ

次は牡馬相手。ナリタハリケーンの2着

4歳上1000万(2着)
アメリ

続いて、のちの重賞勝ち馬ダノンレジェンドの2着

4歳上1000万(2着)
アメリ

そしてラストはオメガセニョリーナの2着
1000万に昇級してから、4戦連続2着となりました。
全てのレースが最終レース。メインで負けた人を何人も2着付け馬券で救ったはず。
いつしかネットでもネタにされていて、思わぬところから人気が出てきました。
後になって振り返ってみると、ここがこの仔にとって全盛期だったのかもしれません。

4歳上1000万(3着)
次のレースは現地観戦せず。メンバーも楽そうだったので必勝と思っていたのですが、まさかの3着に敗れてしまい、連続2着記録も「4」で途切れてしまいました。どうせ途切れるなら勝ってほしかったものです。

3歳上500万(1着)
アメリ

500万に降級し仕切り直しとなった一戦は、北陸ルートを車とサンダーバードを乗り継いで日帰り遠征。
1000万であれば届かないような位置取りで進めるも、格の違いを見せ付けて圧勝
キッチリ差し切って3勝目。結局これが最後の勝利となります。

3歳上1000万(3着)
昇級馬ながら実績はナンバーワン。断然人気で迎えた秋初戦は、不運にも発走時にゲートに顔面をぶつけてしまい後方から進める羽目になり3着まで。

3歳上1000万(6着)
敗因はしっかりしていたので人気落ちもなく、引き続き本命で迎えた次のレース。
今度は勝負所でハミを取らずに全く伸びず、1年続いた連続馬券圏内の記録も途絶えてしまいます。
ここから何か色々と歯車が狂い始めたような気がします。

3歳上1000万(10着)
1年半振りの芝レース出走も、見せ場なく10着に敗れてしまいます。
距離も長かったかもしれません。

- 2015年 -

4歳上1000万(4着)
休養を挟んで芝で続戦。初めて府中に登場。
芝は不向きだと思い、早くダートに戻ってほしいと思っていたのですが、ここで思わぬ好走。
そして、本賞金は5000万を超えました。
収支はともかく、これで評価以上に走ってくれたことにはなります。

秋川特別(13着)
5歳でようやく特別レースに出走しました。
平場とは違う雰囲気に少し感動したのも束の間、距離が長かったのかシンガリ負け。

相模湖特別(7着)
特別レースが続きます。伸びかけたところを前が壁になってしまう勿体ないレース。
芝でも1400ならある程度勝負になるところを見せてくれました。先約があり現地へは行けず。

TVQ杯(10着)
アメリ

小倉では初めてメインレースも経験できました。
3歳時は日帰りでできなかった博多観光も少しだけやってきましたよ。

3歳上1000万(8着)
アメリ

そして先日、最後のレースを終えました。
調子を戻す前に定年になりそうとのことで、早期引退の判断が下りたようです。
まだ4か月くらい残っているので1戦でも多く見たかったのですが、これは仕方ありませんね。

募集当初は繁殖用などと言われていた仔が24戦も走ってくれて、募集額以上に稼いでくれました。
現役期間を通して一度も大きな故障をしなかったのも立派。
2度も口取りに参加できたし、この仔を通じて多くの方と知り合いにもなれました。

出資理由にも書いたとおり、これ程の良血馬に出資することはこの先ないかもしれません。
十分すぎるほど楽しめたし、存分に夢を見ることもできました。本当に出資して良かったです。
繁殖用と言われたくらいだし、名牝への道のり、アメリにとってはここからが本番かもしれません。
いったん夢は終わるけど、続きは産駒で見ることにします。きっと募集されると信じてます。

ひとまずはお別れです。
お疲れさま。

アメリ(牝 2010産)
父 Distorted Humor
母 アゼリ (母父 ジェイドハンター)
成績 24戦3勝 [3-6-3-12]
3歳上500万(2回)、3歳未勝利

ラストラン

2015年11月22日 16:18

先日は愛馬アメリの出走があり、京都競馬場まで応援に行ってきました。

20151107_京都競馬場

前走から条件を走り慣れた1400に戻しての出走。牝馬限定で何度も対戦した馬もいます。
そういえば、1年前も同じレースに出走していました。
前もって書いておくと、結果的にこれが最後のレースとなりました。

アメリ

いつもどおりメインレース出走馬がいなくなってから、ガラガラのパドックで待ちます。
ガラガラなのにベスポジだけ取られている・・・と思ったら、アメリの応援団の方々でした。
皆さんと少し談笑などしながら待ちます。

アメリ

最後のパドックに愛馬登場。

アメリ

顔アップ。
お名前を存じ上げませんが、いつも曳いてくれていた助手さん、長い間ありがとうございました。

アメリ

一番良かった頃の、飛び跳ねるように周回する様子が戻ってきました。
気持ちが前向きになってきたと取りたいです。

アメリ

1年前は1番人気だったのに、今年は最終的に6番人気。
現級で牡馬相手にも2着を続けいていた条件なのに、ここまで人気が落ちるとは。

アメリ

止まれの合図。いつものように連れて行かれます。
列の最後尾ということは、いつものように最後の入場ですね。

アメリ

全馬コース入りしたのに、アメリだけなかなか出てきません。
見えてきたと思っても、いつも以上に馬場入りを渋ります。
実際は分かりませんが、もしかしたらこの仔はもう牧場に帰りたがっていたのかも?

アメリ

だいぶゴネたあと、ようやく観念して最後の本馬場入場へ。
最後の鞍上は主戦であり、勝ったレースは全て乗ってくれていた川田Jに託します。

アメリ

走り慣れたコース、鞍上は主戦騎手、いつも走っていた最終レース・・・・
条件は揃ったとも言えるのかも。
あとは思う存分、悔いの残らないように走り切ってほしい
ラストラン、さあ行ってこい!

20151107_京都競馬場

薄暗くなってきた競馬場に、いつもの一般競走ファンファーレ。

アメリ

スタートは悪くない。
しかし二の脚がなかなかつかず、好位につけるのに手間取ってしまいます。

アメリ

直線は内から伸びようとしますが、良かった頃の伸び脚はなく馬群に飲まれていきます。
言い訳として、勝ちタイム1分23秒5はこの仔にしてはやや速かったかも。

アメリ

目の前に近づいてきたところ。
外から来られたために頭が僅かに見えるだけです。
ラストがこの写真というのは悔いが残るかも・・・

アメリ

結果は8着。
ラストランとしては少し残念な結果になりましたが、良い頃のデキに戻りきっていないなか、ギリギリ賞金圏内の8着に粘り込んでくれました。

アメリ

レース翌週の週末、公式に引退が発表されました。
見送るのもこれが最後。
4年前の社台秋ツアーから何度も見てきただけに、これでお別れといわれても実感が湧きません。
でも、この仔は名馬アゼリの牝系を日本に根付かせるという大きな使命を背負っているので、一人の出資者がワガママなんて言えない気もしています。

これからも大変かもしれないけど、アメリならきっとやれるはず。
追いかけ続けた3年間は一生の思い出です。
ありがとう。そしてお疲れさま。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。