デビューすら、入厩すらできずに・・・

2011年05月28日 17:43

ブログ復活させました。約1か月の休み明けです。

前回の日記がかなり暗い内容でしたが、復活早々もうひとつ暗い日記を書かなければいけなくなりました。
それは愛馬の引退。
トゥザグローリーの半妹として期待して、抽選を潜り抜けてやっとの思いで出資できた愛馬、トゥザハピネスが2歳のこの時期に引退となりました。あまりに悲しい出来事です。

去年末頃から雲行きが怪しくなってきて、それでも晩成血統だと不安視はしていませんでした。
馬体重もみるみる増加しましたが、兄も牧場では550キロまで増えていたので問題ないと思ってました。
しかし・・・

これは立ち直るのが大変ですね。09産愛馬の中でも一番の期待馬、それも大好きな血統馬でしたから。
愛馬を持つ楽しみの中でも一大イベントのひとつ、デビュー戦を見届けるということすら叶いませんでした。それどころか、これからPOG本やら何やらで取り上げられる時期に、自慢の愛馬がそこにいないなんて。

しかし、全く何も残らなかった訳ではありません。いや補償は残りますが^^;
この血統に魅入られた者にとっては、母馬優先が残ります。
競走馬としてはデビューもできなかったけど、次は母として。トゥザヴィクトリーの孫を出資する機会はあると信じます。
それにはまず、NFに残ることが先決ですね。それをクリアしたら今度はキャロットで募集されること。それらの難関は待ち構えていますが、今やクラブの目玉血統になりつつあるだけに、数年後の産駒募集を期待して待つことにします。

お疲れさまでした、トゥザハピネス。
こんなことになったけど、出資したことに一切の後悔はありません!


最新記事