立場が逆なら勝っていた

2017年02月26日 21:10

昨日は愛馬ヘヴントゥナイトの応援に中山へ行ってきました。
到着後はローズノーブルやアヴマルで御一緒の方々とご挨拶や談笑など。

ヘヴントゥナイト

少し待ち、シャドーロールが見えて愛馬登場。
やんちゃな面が出てますが、アレは出ていなくてひと安心

ヘヴントゥナイト

馬体重はさらに絞れて478キロ。
しかし、前走の大敗と稽古の動かなさからか、18.9倍の7番人気と低評価。
距離短縮は有利なはずなのに・・・こいつは見返してやりたいところ!

ヘヴントゥナイト

これはお気に入り。
近2走は下ばかり向いて撮影に苦労しましたが、今回はこっち向いてくれました。

ヘヴントゥナイト

止まれの合図。

ヘヴントゥナイト

グラサンマスクの戸田先生登場。
大事にされているみたいで、ローテについてはとても満足しています。

ヘヴントゥナイト

鞍上は初騎乗の内田Jに託します。
先行には適任の騎手とのことですから、押し切るレースに期待。

ヘヴントゥナイト

忘れやすいグランプリロードの撮影もなんとか覚えてました。
これは上から。

ヘヴントゥナイト

前走の大敗は位置取りが全てだと思いたいところ。
姉は掲示板を外して評価を落としたレースに勝ち上がり。
さて弟はどうか!

ヘヴントゥナイト

で、やっぱりスタート失敗

しかし、今日のヘヴン氏はひと味違う!
二の脚を使って一気に先頭に迫る勢い。これは先行押し切りのレース・・・と思ったのですが、鞍上が急に手綱を引いて馬群の後ろのほうまで一気に後退という忙しい道中に。

ヘヴントゥナイト

4コーナーから直線にかけてはインをスイスイと抜け出す上手なレースぶり。

ヘヴントゥナイト

しかし、後ろからケツを押してあげたくなるようなジリ脚で思うように伸び切れず。

ヘヴントゥナイト

結果は4着とデビュー戦と同じ着順に。

ヘヴントゥナイト

そして、またも猛然と戻ってきます
この勢いを(以下略)

ヘヴントゥナイト

まずはお疲れさま。
とりあえず、前走の大敗が偶然であったことだけは証明できて良かったです。

ヘヴントゥナイト

先生が迎えてくれました。
パトロールを見たところ、最初のコーナーで勝ったヴァイスジーニーに進路をカットされたことで抑えざるを得なかったことが分かりました。
立場が逆なら結果も逆だったのではと、悔しい思いです。
有利なはずの内枠が・・・

ヘヴントゥナイト

優先もゲットし、次走は中1週(?)で中山芝1800に決定。
あれだけ元気に戻ってきたんだし、詰めて使うことに問題はなさそう。
血統だけ見れば距離延長は歓迎できない要素ではあるものの、上を目指す血統でもあるのですから、未勝利程度でそんなことを言ってはいられません。
次こそは先行策で、そろそろ決めてもらいたいですね!

想定外の大敗

2016年12月25日 21:03

金曜は愛馬ヘヴントゥナイトの応援に、中山まで行ってきました。
3Rくらいに到着。昼休みイベントはよ終われ、と思いながらパドック待機。

ヘヴントゥナイト

シャドーロールが見えて愛馬登場。

ヘヴントゥナイト

馬体重は486キロでマイナス6キロ。
前走のレースぶりから、4番人気は少し侮られた感じがしました。

ヘヴントゥナイト

目の前に来たところ。
10番が止まりそうな位置に陣取ったのに、出てきたのは1番最初という。
前の馬がいなかった分、撮影はし易かったですが。

ヘヴントゥナイト

鞍上は横山典Jに託します。

ヘヴントゥナイト

新馬では噛み合えば面白いという評価。似たタイプのコンビに期待。

ヘヴントゥナイト

本馬場入場。
今回もなかなか返し馬に入ろうとしませんが、前走よりは良くなったかも?

ヘヴントゥナイト

前走は力を出し切れなかったものの、4着まできました。
クラシックを目指していくなら、ここは必勝態勢で臨みたいところ!
ところが・・・

ヘヴントゥナイト

スタート失敗
前走がスタート得意の鞍上で忘れてましたが、そういえばゲートに1か月かかった馬でした。
レースは後方から。3コーナーから手が動き、ムチを打っても手応えがありません。

ヘヴントゥナイト

見せムチの場面。

ヘヴントゥナイト

こっちに来たところ。
残り200からはほぼ追わず。無理はしないとの判断でしょうか。

ヘヴントゥナイト

結果は10着。
一体どうしたのか・・・

ヘヴントゥナイト

引き上げ時、猛スピードで戻ってくるヘヴン氏
この気合を勝負所で使ってほしかった。
ともあれお疲れさま。

ヘヴントゥナイト

戸田先生のコメントによると、気の悪いところが出てしまったのかとのこと。
馬名由来の本家マルスティーン氏と同様、メンタル面に課題が多そう
マルスティーン氏と同様に才能もあると思うので、次走立て直しに期待です。

Scarlet × Paradise

2016年11月29日 23:40

愛馬ヘヴントゥナイトのデビューを見届けに、府中へ行ってきました。
午前中の4Rだったからまだよかったものの、JC当日で大混雑。席を取っていただいたお仲間グループの方々と、見ず知らずの男をパドックに入れていただいた方には感謝です。

ヘヴントゥナイト

シャドーロールが見えてきました。デビュー戦のパドックに愛馬登場です。

ヘヴントゥナイト

顔アップ。ずっと俯き加減で周回していて、これを撮るのも苦労しました。

ヘヴントゥナイト

全体の図。自分は見ても分からないのですが、馬体の良さは周囲でも評判でした。
馬体重は486キロで、入厩前から7キロしか減っていません。飼い葉食いは問題ないようです。

ヘヴントゥナイト

しかし、やってくれました。デビュー戦で馬っ気を披露。
種牡馬になりたいアピールでしょうか?それなら活躍しないと。

ヘヴントゥナイト

オーロラエンブレムやフラワーシップなど良血馬が多数出走で、単勝14.9倍の6番人気と低評価。
こっちだって負けず劣らずの良血馬のつもりなのですが、調教も動いていなかったし、新聞の印も申し訳程度のものが多かったので仕方ないかも。

ヘヴントゥナイト

止まれの合図。

ヘヴントゥナイト

デビュー戦の鞍上は福永Jに託します。

ヘヴントゥナイト

レース後に知ることですが、この方は新馬の特徴を掴んで伝えるのが上手ですね。

ヘヴントゥナイト

The Rising Sun」にのって本馬場入場から返し馬。
父はスカーレット一族のダイワメジャー、母はスキーパラダイス一族のエアトゥーレ。
社台ファームを代表する名門のエース2頭が出会ったらどうなるか、これから見せてもらう!

ヘヴントゥナイト

で、レース。
左にヨレたところを修正しようとしているのか、どこ向いて走っているのか分からない図。
いったん沈むかと思ったところ、そこからもうひと伸びしてきました。

ヘヴントゥナイト

最後は意図的なのか、追うのを控えて4着。
これがなければ2着もあったかと思うのですが、初戦だし無理はしなかったのでしょうか。
まずはデビュー戦、無事に終えることができてよかったです。お疲れさま。

ヘヴントゥナイト

直前の追い切りでの動かなさ、パドックの落ち着かなさ、返し馬でのモタモタを見せられて、レース前は大敗まで覚悟したものですが、いざ走ってみたら杞憂でした。
改善すべき問題は山積みですが、福永Jのコメントどおり、嚙み合えば楽しませてくれそうです。
次は中山を先行策で、できれば今年のうちに勝ち上がっておきたいところです。

ゲート1か月

2016年11月03日 18:24

ここ1か月くらいの2歳愛馬近況をば。

ヘヴントゥナイト
9月2日の美浦入厩から、ゲート試験に挑戦するも3回連続不合格。四度目でようやく合格しました。ゲート合格程度で大喜びしてしまうとは思ってもいなかったです。
その後は順調そうで、デビューはJCの週の府中、または中山とのこと。
中山まで延びた場合、距離の関係で2週目の芝1600になるような気がします。

オーバーレイ
9月23日に美浦入厩。この仔はゲートを一発でクリアしました。
合格後は一旦、山元へ移動してもうすこし時間をかけて仕上げていくようです。
大型馬だから仕方ないのかもしれません。

キスミーダーリン
こちらは結構深刻。
脱北間近から一転、ハ行などでウォーキングマシン運動に逆戻り。
まだ坂路にすら入れていない状況で、デビューは大幅に遅れそうな感じです。

ヘヴントゥナイト入厩

2016年09月04日 18:42

愛馬近況です。
今週の金曜日にヘヴントゥナイトが美浦TCへ入厩したようです。

公式の近況も5月くらいまでは満足いってないような内容が多かったのが、6月のパンプアップ以降は褒められてばかり。遅生まれだし、ようやく体が出来上がってきたのかなという印象で、毎回ニヤニヤしながら見てました
7月上旬には山元TCへ。そして今月2日にトレセンへという具合になりました。

普段はGCしか見ていないので詳しくないのですが、土曜の地上波では戸田厩舎の特集があるそうな。
聞いた話では先生にも溺愛されそうとのことで、是非ともよろしくお願いしたいですね。

だいたい入厩から2か月くらいで新馬と考えると、順調なら10/29または11/5あたりが有力でしょうか。
とにかく新馬は応援に行きたいのですが、来月は毎週休日出勤のような状態で非常に危険。
こうなったらバックレも含め、その日だけはどんな手段を使っても死守していきたいと思います。


最新記事