ジンジャーミスト引退

2013年09月05日 22:02

ツアーのことで余裕がなかったりして書くのが今になってしまいましたが、愛馬ジンジャーミストが引退することになりました。
勝負と見ていた先週の函館牝馬限定戦は除外。限定未勝利戦に出走することはできないので、そのまま繁殖入りすることになったようです。
やはり世代全馬勝ち上がりはハードルが高い・・・

芝で2戦して勝負にならず、ダート替わりの福島では好走して勝ち上がりを大いに期待したものの、その後は福島でしか走らず。いくら母が晩成血統だったとしてもダートで5戦してダメだったのなら諦めようもあります。
最後のレースだけは納得できませんでしたけどね。
あんな不完全燃焼のようなレースで引退するのは悔しい。

当たりかハズレかで分ければ大ハズレでしたが、デビュー戦、好走した福島での2戦は現地で見られたので、全く得るものがなかったとはいえません。
1口のみだったので被害もそこまで甚大にはならなかったし、今年はフレイムが利益分配金を出し始めたので、終了損失は全額経費として使うことができそうです。

2年間の短い付き合いでしたが、とても楽しかったです。
競走馬としては大成できなかったけど、その良血は繁殖として大きな武器になるはず。
お疲れさまでした、ジンジャー。

次走のことは、分からない

2013年08月24日 19:44

あまりのショックに書き忘れていた(そのうえアメリのレース回顧もあった)、先々週のジンジャーミストの前走の感想から。
好走歴のある福島と似た函館ということで期待していましたが、全くの期待外れ。
出たなりの後方追走から前走のように動くこともなく、ただ回ってきただけで9着大敗。
ペース判断を誤ったようですが、後がない状況だったのでもう少し積極的に行ってほしかったです。
結果早仕掛けで止まっても、それなら納得できるというもんです。

5走以上走って優先出走権も外し、これで次走のことも分からない身となったジンジャーですが、早速今週の未勝利は除外されてしまいました。
一気の距離延長で新味を出せるかもしれなかったんですが残念です。
函館滞在で抽選突破を目指すようですが、来週の牝馬限定1700が勝負です。
ツアー2日目と重なるので応援には行けませんが、バスの中で大はしゃぎ(←迷惑行為。皆分かってくれると思うけど)なんてことになれば最高なんですけどね。

次にフレイムオブピース。
釜山Sを目標にしていましたが、58キロの斤量を嫌って回避となりました。
次はオークランドRCTを予定とのことで、順調ならアメリの500万の翌日出走となりそう。
まぁアメリのほうは阪神ダート1400としか出ていませんが、おそらく牝馬限定だろうと。
となると再来週の半ばには帰厩していないといけないので、来週の更新あたりで出るはず。

9月の三連休は楽しみな遠征になるかもしれません。
京成杯AHまで入れてしまうと三週連続遠征で大変なんですけど・・・さてどうなるか。

ラストランの覚悟が必要

2013年08月10日 19:13

今週は3歳牝馬2頭が出走。
函館2Rにジンジャーミストが、小倉8Rにアメリです。
なんともはや・・・新潟だけは走らないんですね。

楽なメンバーを求めて函館に遠征したジンジャーですが、そんなに上手くはいかなそう。
マキアージュシチーはいつでも勝ち上がれそうな実績の強敵。
そのうえ主戦のウッチーJがドナウブルーに乗りに行ってしまったため、テン乗りとなります。
他の騎手でも得意のマクリが使えるのか、これはやってみないと分かりませんな。
ここを負けると本当に時間がありません。
仮に掲示板を外してしまったりすると、引退のおそれもあります。
勝つことしか考えていませんが、一方で覚悟も決めておいたほうがいいのかも。

アメリは500万初戦です。
距離の実績もないので力関係は分かりませんが、レッドセイリングが回避するくらいだから結構揃ってるんだと思います。同型が減って助かりましたが。
同じく勝ち上がり初戦のナンヨーカノンはケイティバローズを物差しにすれば脅威にはなりませんが、同枠に入ったパールブロッサムが強敵な気がします。
持ちタイム的には500万は一発通過でもおかしくありません。
1400のタイムなので参考程度ですが、中距離でこその血統なので不安はなし。
行き切れなかった時と、良馬場での実績がないのが不安要素です。

勝負気配は十分なので、明日は現地に行こうと思います。空輸で
「小倉は無理!」とか言ってたくせに・・・アメリは特別扱いしてしまう。

ここで問題が!(←降下時に耳が痛くなるのは別にして)
ジンジャーのレースは10時20分発走。
新潟発福岡行きの飛行機が9時30出発。
つまりレース中は空の上なんですね。
リアルタイムで応援したかったんですが、こればっかりは仕方ないですな。
空港着いて、携帯見ながら一人でニヤニヤしていたいものです。

サバイバル脱出は持ち越し

2013年07月20日 23:17

今日はジンジャーミストの応援に福島へ行ってきました。
行く途中に米沢を通るので

1374275111948

ジンジャーミストの必勝祈願に上杉神社へ。
・・・はい、進めます。

福島到着は1Rの周回中。
7月下旬にしてはだいぶ涼しく、パドックで待つのも楽でした。

ジンジャーミスト

愛馬登場。
相変わらずよそ見が多い仔ですが、ブリンカー効果に期待です。

ジンジャーミスト

今回もカメラ目線あり。
よそ見はパドックだけでお願いします。

ジンジャーミスト

メンバー的にはヤマトダイアンサスとナンヨーノキョーが2強。
ジンジャーはそれに続く3番人気となりました。
他の馬はジンジャーよりも不振だし、まぁこんなもんですか。
止まれの合図の前にパドックは切り上げ、家族連れが集まる内馬場に移動。

ジンジャーミスト

本馬場入場。
中山障害コースのように狙いのポジションは一箇所のみですが、無事に確保できました。
すぐに撮影隊が移動してきたので、もう少し遅かったら危なかったかも。

ジンジャーミスト

返し馬も内馬場からだと迫力あります。

ジンジャーミスト

勝ち上がるために残された時間はあと僅か、そのうえ近走不振。
でも、最後まで希望は捨てない!

で、レース・・・

ジンジャーミスト

ごつん!(←実際にそんな音はしないでしょうが)
隣のシンクロニシティが頭からぶつかってきました。これは痛い。

ジンジャーミスト

1周目の直線。
結局後方からの競馬を強いられることに。
だいぶ砂も被っているようだし、嫌な予感がしてきましたが

ジンジャーミスト

向正面でマクって行き、先団後ろまで進出。
前回福島で走った時と同じ戦法ですね。

ジンジャーミスト

直線に入ったところ。
あとは逃げている馬だけ。これは勝てるか!
しかし外からアルマネアンも来ています。

ジンジャーミスト

勝負は3頭の競り合いかと思いきや・・・

ジンジャーミスト

後ろからピンクの帽子、ナンヨーノキョーも迫ってきます。
このアングルは結構お気に入り。口取りを捨てた甲斐がありました。

ジンジャーミスト

目の前に来たところでちょっと引いてみます。
すると、内もかなり粘ってるじゃないか!さすが1番人気ですな。
大勢は不利。あとはひとつでも上の着順を。

場所の関係でゴール前は馬のケツを見ていることしかできないので、実況とターフビジョンを見ながらの確認すると、ヤマトダイアンサスは交しきれず4着という結果。

今回で決められず残念ではありますが、今日も前走のようなレースなら引退すら考えられたでしょうし、希望が繋がったのは嬉しかったです。
次走は新潟だけでなく函館出走も視野に入っているようです。
地元で勝ち上がる姿が見られれば最高ですが、なりふり構っていられる立場でもないので、勝ち上がりさえすれば何でもいいです。
ともあれお疲れさまでした。

同日2頭出走も東西に分かれられては・・・

2013年05月15日 23:17

先週土曜はジンジャーミストが府中で未勝利に出走。
現地には行きませんでしたが初ダートで勝ち上がる見込みのあるレースを見せてくれたし、自信持って複勝を買い(←?)GCで応援してました。
しかしレースは勝負所でついて行けず、勝ち馬からだいぶ離された4着まで。
デビュー以来初の1番人気にもしてもらったのに、残念な結果に終わってしまいました。
ダートでこれでは勝ち上がれるかどうか・・・
今後は中2~3週で続戦とのこと。
お!6月7日は偶然にも東京行く日じゃないか。
どちらにしてもダート1400か1600の牝馬限定戦が組まれていますが、そうなれば当然中3週を希望です。好走してくれればどっちでも構わないですけど。

そのほかでは、アメリとローズノーブルが帰厩したようです。
で、2頭とも5月25日に出走を予定しているとのこと(!)
現地行くにもどちらかを選ばなきゃならんということですな。

馬体が大きく増えているらしいローズノーブルは混合の葉山特別に出走。
落とすと降級ですが、500万でもう一度勝てるのなら降級も悪くないかも。

アメリは同日京都の未勝利に出走。また混合の芝1400のようです。
そろそろ順番かなとも思いつつ、同じ条件だとまた掲示板止まりの不安もあります。
一世代上のグランシャルムのように、良血牝馬は好走していても地方に行かず引退の可能性もありますし、関西の未勝利はなるべく避けたいところではありますが、応援に行くとしたらこっちですか。

と思ったらアメリはまだ帰厩しておらず。
これから帰厩となると10日出走にも間に合わないんじゃないだろうか?

牡馬3頭が休んでいる間は牝馬3頭が盛り上げてくれそうです。
あとは結果・・・それが何より難しい。


最新記事