--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年度代表愛馬

2016年01月09日 16:16

さて、今年もこの時期がやってきました。
2015年を代表する愛馬を考えていきます。

去年以前はやっていない?
そんなの誰も気付いていないだろうから気にしない。

過去受賞馬(06産以降)

2009年 オーロツェッキーノ
IMG_0335
次点 なし

2010年 トゥザグローリー
IMG_6202
次点 ファストカラー

2011年 トゥザグローリー
IMG_7451
次点 フレイムオブピース

2012年 トゥザグローリー
IMG_0937
次点 ゴットフリート

2013年 フレイムオブピース
フレイムオブピース
次点 ローズノーブル(特別賞)

2014年 アメリ
アメリ
次点 アヴニールマルシェ

2015年 ゴットフリート
ゴットフリート
次点 アヴニールマルシェ

2015年はゴットフリートに決めました。
2歳で年度代表愛馬に限りなく近づいたものの、絶対エースの前に次点止まり。
5歳になり、年間を通して抜群の安定感を見せたことから受賞となりました。

アヴマルは2年連続の次点。
エースといえる立場で迎えるも春は不完全燃焼、秋以降の急失速で逃しました。
2016年こそはエースの復活を祈ります。
スポンサーサイト

最初の愛馬のデビューから1年

2010年07月22日 21:27

今週は函館記念・・・を差し置いて、愛馬が自分の地元新潟でデビューします。

キャロットに入会して最初に選んだ馬が、父ステイゴールドの牡馬。
ジラベルの06、オーロツェッキーノでした。
「とりあえずは好きな血統で」と考えていたので、必然的にステイ産駒のオーロに目が行った訳です。
しかし、順調に進んでいたのも最初だけ。
2歳5月に入厩目前でアクシデント。
その後は脚部不安等で思うように調教できず、結局デビューに漕ぎ着けたのは3歳夏の小倉開催でのこと。

最初の愛馬のデビュー戦。
どうしても現地に行きたくて・・でも休みも取れず。
やむを得ず、金曜フルタイム働いてから、高速使って新潟→小倉間を一晩で走破という暴挙にまで出て、ようやく観れたデビュー戦。
そういえば、その週も函館記念がありました。
あれからもう1年経ったんですね。

P1010107

3歳5月、NF早来で会った時のオーロです。

P1010151

間近で会えたことを喜ぶべきか、まだ北海道から出られないことを残念がるべきか、当時はかなり悩みました(笑)

デビュー戦の写真も。

IMG_0356

3歳未勝利のガラガラのパドックで。
今までの苦労を思い出し、感慨深く見守る保護者に対し・・

IMG_0368

前を歩く牝馬が気になって仕方ない愛馬(↑左下参照)

IMG_0412

本馬場入場にて。
これからオーロの現役生活が始まります。
長くなるか、それともひと夏で終わるのか。

IMG_0335

固唾を呑んで見守るも、直線伸びず二桁着順に沈む・・

IMG_0439

とりあえずは無事回ってきてくれました。
お疲れさま。

2戦目は芝で先行策を試し、3戦目はダートの地方交流と、試行錯誤するも結果が出ませんでした。
ひとつの条件に集中させて馬にレースを覚えさせれば良かった、とも思いますが、それは結果論に過ぎず。
そして4戦目。
負ければ最後、スーパー未勝利に挑みます。

IMG_1241

なんとなんと!
新潟に来てくれました(^o^)/
函館改修に伴い、札幌1開催分が新潟開催になっていてラッキーでした。
愛馬の地元出走レースを見逃すなんて有り得ない!!
最後の勇姿を目に焼き付けるつもりで開門ダッシュ。

IMG_1657

結局最後まで見せ場なく、4戦未勝利で現役生活を終えました・・

このようにオーロは自分に、デビューすることの難しさと、何より「1勝」というのがどれだけ大変かということを教えてくれた愛馬でした。
稼いだ配当も特別出走手当だけでした。
ですがそれ以上に、愛馬は何者にも代え難い、我が子同然の存在にもなるということを教えてくれました。
我が子いないですけど・・^^;

某競馬サイトでは乗馬になっているとのことですが、今も元気にしてて欲しいです。
いつか、会えるものならまた会いに行ってみたいです。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。